Hello world!

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!

広告
カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

セキュリティの強化につき

 

 

 秋色のニセコ 北海道の友人から贈られた写真 わたくしの大好きな写真です

 

 

 

              セキュリティの強化につき

 

 このWindows Liveのブログは時々大幅にシステムの変更があります。何度もアクセス数が削除されたり、この度の、と言ってももう五月の初旬のことになりますが、最大規模の変更がありました。しかも全く予告なく行われるので、その都度、酷く戸惑ってしまいます。五月まではアクセス数や、どなたさまがいらっしゃったのか、一目で分かったものでしたが、現在はアクセス数や、皆さまの足跡は全く分からなくなっています。日々500~800件のアクセス数は、その当時約120万度数御座いました。でも今はどれくらいなっているか、見ることが全然出来ませんので検討がつきません。我がブログの来訪者の多くはGoogleの検索によって入場されているようです。先ずご来訪者の90%と言っても言い過ぎではないでしょう。Googleの最も優れた部分は一つの記事に対して、数十種類の検索ポイントを有してることです。お陰さまで、中国やイギリスやアメリカやカナダなど海外からのアクセスが圧倒的に多いことが特徴です。他の検索機関を圧倒しています。だからと言って、他の機関を無視するようなことでは決してありませんが、ブログの狭いタコツボのような世界を、皆さまと共有し、そして有効裡に活用して戴ければ、これに代わる幸せは御座いません。多分今日も大勢の皆さまから検索され、読まれているに違いありません。そんなことをつらつら想像するに、務めて誠意をもって、記事を書かせて戴いて報いたいと存ずるのみであります。

 さて今般、この私のパソコンのセキュリティを一層強固に、ウィルス対策を講じましたので、半日以上でしょうか、一部の方々が閲覧出来ないようになっていたかと危惧されます。永らく愛されるブログを目指し、敢えてそのようにしたことをお許し下さりませ。又コメント欄は開放したままですが、ウィンドウズのIDを開設しなければコメント出来ないのではないでしょうか。念が入ったお話で甚だ恐縮で御座いますが、このシステム自体もより一層強固なセキュリティ態勢になっているようです。それとしばしばシステムの変更があるのは、膨大なサーバー負荷への対応ではなかろうかと、良く理解しています。その上、このブログはコメント数を競うような中身では断じてありません。必要な方に必要な情報が正確に伝われば満足の極みです。今後とも精進して参りたいと存じますので、一層のご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます。敬具 (硯水亭歳時記 Ⅱ)

 

 

 我がハーブ園の片隅に咲くルドペキア そろそろ終わる頃か 

 

今日から突然、一段と寒くなりました 皆さまには お風邪などお召しになりませぬよう!

22日の十五夜では自宅に帰った頃、ちょうどいい角度で観ることが出来ました。美しい幽玄なお月さまでした

 

カテゴリー: コンピューターとインターネット | コメントをどうぞ

中秋の名月

 

 

 に揺れるピンクのハゼランと白いコルチカム 球根を植えた覚えがないのに 何故か咲きました

 

 

 中秋の名月

 

 

 明日お彼岸のお中日には満月となりますが、満月と十五夜が違う年が結構あるものです。

今年はその典型で、今夜が中秋の名月の宵となります。明日の満月は月が欠け始めてしまうからです。しかも今日旧暦の8月15日。

薄をお米に見立てたり、お団子を芋に見立てたりして、収穫の感謝の意を表し、縁側のお供えし、家族でお月見を致します。

急ぎ書きましたのは、幸い今夜遅くから雨が降りそうですが、降るまでは観れるようで、慌ててアップ致しました。今夜は充分楽しめそうです。

これから急ぎ自宅に戻り、お月見の準備を致しましょう。又の名を「芋名月」につき、何々少しは始まっているかもしれません。

もう駄目かと思っていたら、再び暑くなったせいか、またハゼランの花が咲きました。風に揺れるものだからちっとも大人しくしてくれません。

全然球根を植えた覚えがないのに、何故か白いコルチカムの花が傍で咲いています。可愛い花です。

そうそう庭の奥に、食べられるエビヅルの実もたわわに生っていました。美味しそうな色彩でしょう。

どうぞ楽しい良いお月見でありますように、心からお祈り申し上げます。

 

(尚今年の場合、10月20日が十三夜で、その日に月見をするのが片月見と呼ばれる名月で、栗名月とか豆名月とか言われています。

どちらか観ないなら不吉だと言われ、それを片月見とか片付見とか呼ばれたものです。真相は分かりませんが、月に色々な美称をつけ、

月見の習慣が根付いたのは永く太陰暦であったせいでしょう。西洋では太陽暦であったために、月は影、従って邪悪なものになっています。

どんなに科学が発展しても、月見をする習慣は大変素敵な習慣ではないでしょうか。今帰ってから観ると、まことに美しく朗々と月が輝いていました。

吉田兼好の徒然草・二百三十九段に、「八月十五日、九月十三日は婁宿(ろうしゅく)なり。この宿、清明なるが故に月をもてあそぶに良夜とす」

と有ります。兼好の当時宣明暦が主流であったために、正確には「婁宿」かどうか、大変訝しいものですが、同じような星で、月があったのでしょう。

いずれにせよ、月見は日本人の徳性と言えるものであります。この十月の名月を、別名、「後の月見」とも申します)

 

 

 

硯水亭歳時記 Ⅱ

 

 

 

食べられるエビヅルの実 あちこちにたわわになっておりました ジャムにしようかなぁ

 

友人のカワウソさんの「こよみのページ」をご参照賜りたく!

 

 

 ユンディ・リーさんのカンパネラをBGMに使用しておりましたが、演奏者が完璧すぎて、

小生のブログにはあいません。従っていつもお世話になっている多夢さんの「御伽草紙」に替えました!

 

カテゴリー: 歳時記 | コメントをどうぞ

簡単メニューで二人きり

 

 

 シラスと青紫蘇のオニギリ 梅肉とオカカと青紫蘇のオニギリ 二種盛り

 

 

 

         簡単メニューで二人きり

 

 妻の実家から両親に敬老の日だからと言って、奥湯河原の「海柘榴」に招待した。お墓参りを早く済ませたお二人は、何だか敬老の日とお彼岸が重なって可笑しいねと言いながら笑って嬉しそうにやってきた。久し振りに逢う孫たちに相好を崩しっぱなし。父も叔母もご一緒に如何でしょうと言われたら、行くしかなく、ついでに二人の孫を連れて、今朝出かけた。杏や大風は大丈夫だろうかと、何度も連絡すると、意外や意外結構楽しんでいる様子。ひっそりとした邸内で、久し振りに二人きり。妻が本を読んでいる間に、簡単メニューで昼食づくり。

 

 

野菜ごと違う岩塩で揉んで漬け込んでから作る野菜サラダ 後でシークァサーを軽く振りかける

 

 

 

 烏賊の生姜焼き 刺身に出来るような立派な剣先スルメであったから どうしようかと思いつつ

 

 

 茨城の涸沼産のシジミが手に入ったから、一番出汁にシジミ汁を作る。このシジミは特別濃厚な味で、宍道湖のシジミに負けてはいない。更にちょこちょこ食材を探し、ゼンマイがあったから「おばんざい風」に、ゼンマイのお煮つけ。出汁は八方出汁にし、お揚げさんや糸蒟蒻を投入す。最後、胡麻油で風味づけ。

 

 

 ゼンマイのお煮つけ お揚げさんと糸蒟蒻 八方出汁 出汁をきかせ塩辛くしないのがコツ

 

 昼間から酒でもなかろうと、炭酸を出して、まだ少々蒸し暑いお昼を意識する。そこでもう一品。胡瓜の皮を所々剥いで、表皮の苦味を取る。それから沖縄産の海水塩で揉んでから、たっぷり生姜汁を掛ける。スダチがあったので、さっと一振り。あっさり系の浅漬けのように変身する。但しサラダとは違う味に。

 

 胡瓜の生姜汁漬け 針生姜と茗荷の酢漬けを針状に切って混ぜてから盛る

 

 静かなお昼。美味しそうに食べてくれる妻。蝉の声が少しだけ響く。それにしても敬老の日とお彼岸の入りが重なるのはどうかと思う。そして市町村合併で、古きよき漢字名が急速に変わっているのが断じて赦せない。歴史も、民俗の足跡も、一切合切消え去ろうとしている。民族の魂が流離う我が祖国。欧州とは違い、もともと国境意識に乏しかった我が国は刻々と周辺の各国から責められている。尖閣諸島の領有権なんか、言語道断であり、9月2日の終戦締結の日に、ウラジオストックやサハリンでは大々的に戦没者慰霊祭と太平洋戦争終結の祝賀会があったとか、あれこそシベリア抑留問題を棚上げし、北方四島の返還には応じない魂胆が見え隠する。竹島問題は既に韓国によって実行支配されているではないのか。国際問題は曖昧なままでは決していいわけがない。と、何だかややこしい問題を、妻を目の前にして食事するのは愚の骨頂である。午後から妻と、父が撮っておいてくれたグレート・サミッツを見ながらゆっくりと過ごした。父は笑いながら言う。時速20メートルの山登りだから。いつでもビバークする準備だけは肝心だと。それにしてもあの子たちがいないのはウラ寒く淋しい。妻も温泉なんかにやるんじゃなかったと、同じようなことを呟いていた。一晩だけだから、今夜は精々僕たちだけで楽しく過ごそう。

 

 

 マロン菓子と煎茶 煎茶の場合 八女茶と宇治茶とか 二種類の煎茶を必ずブレンドしてから戴く

 

 

カテゴリー: 料理 | コメントをどうぞ

夏が去り、虫たちの大合唱

 

 

 木の実 アラガシ ウラジロガシ シラガシなどの木の実 何時の間にか秋来たる

 

 

 

       夏が去り、虫たちの大合唱

 

 

 当家にはカシの樹が多いが、シイの仲間でマテバシイやスダジイの実は袴(殻戸)が実に面白い。クヌギやナラカシやカシワの、ナラ類の実はもっと面白い。何だかほんわりとズボンを穿いてるようで、見ると、何だか幸せになる。三角の頂点は皆葉っぱになる部分で、養分を蓄える子葉の部分は、人だけではなく栗鼠や猿や、色んな生きものが狙っている。街には豊かな実をつける樹々が意外と多く、よくよく観察すると、何だか心が弾んで来る。街路樹もそろそろ秋の支度だろうか。僕たちに秋はやっと来た。親子四人での散歩は珍しいが、気のせいかチビたちも嬉しそうだ。買ったばかりの新しいズックが嬉しい杏。何とかオムツが取れそうな大風。地味な服装でも自然に目立つ妻。僕は相変わらず本麻の作務衣。僕だけが下駄を履いている。家内はそれがいいというものだから、殆ど下駄で通す。カランコロンと、歩道に響くけれど、妻にそれが好きなんだと言われるから、そうしている。朝の気温もすっかり秋らしくなり、冷房をつけることがなくなった。この朝の冷気は格別で、都会の朝は早い。聖心女子大のすぐ脇を通ると、どうも僕たちは目立つようである。早く通学して来た女子大生から、やたらと僕たちを眺められる。

 子供の頃、僕は夏が好きではなかった。田舎がないからだが、一人っ子で、ただ一人で過ごさなければならなかった。別荘のある連中は家族で疎開するかのごとく、家人も皆いなくなった。強いて言えば祖母の実家がないわけではないが、母親と離れ、一人で旅だつ勇気はなかったのだろう。殆ど大好きな数学を勉強して過ごしていた。偶に母に誘われ、銀座にご飯を食べに行くか日比谷で映画を観て帰るのが一番楽しみだった。新橋~横浜間の鉄道に乗り、両替商の街であった銀座は、築地の外人居留地に行くまで必ず橋を渡り銀座を通り過ぎなければならない。いつしか銀座は世界の情報が集まって来るようになった。新規の町並みが出来るようになると、新橋の花街が急速に縮小し、名残は新橋演舞場として残ったぐらいで、谷崎潤一郎が愛した新橋芸妓は戦後とくに目立って少なくなった。高橋洋服店など、所謂羅紗屋さんは何軒もあったらしいが、今ではこの店一軒ばかりで、父から教えられ、今でもこのお店でスーツを生地から見付けオーダーしている。現在のダンディな社長は、いい仕立て屋さんを育てようと張り切っていらっしゃる。

 

 

 蝉のぬけがらが葉裏にあり 杏が見つけて 大いに喜んでいた

 

 江戸時代、幕府の水甕だったのは赤坂山王地区の溜池であった。市街中、最も低いところで、湧水もあったらしい。小石川植物園や六義園や新宿御苑や浜離宮や古河庭園や、東京の古めいた公園は、その殆どが旧上屋敷か下屋敷の、武家屋敷跡である。僕たちのいる場所は、最も多く下屋敷や薬草園が多くあったところで、江戸は江戸でも街外れであったのだろう。当時の古地図を見ると面白いことばかりで、まるで藤沢周平になったような気分がする。有栖川宮記念公園は元は盛岡藩の下屋敷であったが、それ以前は赤穂藩浅野家の下屋敷であった。大石蔵之助が瑤泉院さまに暇乞いに訪れ、「南部坂雪の別れ」の場面に設定されている南部坂の話は、図書館より先で、赤坂二丁目あたりのアメリカ大使館官舎があるところである。有栖川宮記念公園の高台に、東京都立中央図書館が併設されており、僕が子供の時分から通っていた図書館がある。杏の大風もきっとお世話になることであろう。広尾商店街を歩いていると昔馴染みのご老体がお達者なのは嬉しいことで、声を掛けて戴いたり、家内やチビたちの紹介も結構楽しいものである。

 

 

 もう色づいた櫻の紅葉が落ちていた

 

 公園内で杏が見つけた蝉の抜け殻は夏の終わりを告げ、風あざみの到来というところだろうか。先日の強風で落ちたドングリの実を集める。松ぼっくりも、イネ科の大茜(オオザイ)モロコシの雑草も、背高のっぽになったヨモギも探せば至るところに秋色風見があった。櫻の葉も所々に紅葉して落ちていた。猫じゃらしを採って、娘をからかうと、むっとしてやり返す。それを見てゲラゲラ笑う息子。妻も目いっぱい楽しんでいる様子。足を鍛えなきゃと言いつつ、なかなかジョグも出来ないからと言って品川にあるスポーツ施設の会員になったが、どうやら行っていないらしい。でもこんな平凡な散歩が好きらしく、家族がもっと増えればいいねと僕の顔を見る。妻は拠点として我が家を最大に重んじているようで、仕事場に向かう時も顎を突き出して真っ直ぐ進んでいる。時々こうして一家結束する時間をとても大切にしているようである。普通のことがそのまま行けたら望外の幸せというものだろう。チビの大風は続けて何メートルも歩けないが、四人で歩ける楽しさは格別である。夕暮れ時になると我が家では虫たちの合唱の競演が始まる。そんな他愛ない秋のこと、じわじわと嬉しさがこみ上げてくる。

 

 

 鶴首の野葡萄活けてみた

 

 

カテゴリー: 季節の移ろいの中で | コメントをどうぞ

伝説の画家・田中一村展の大迫力と、その死生観

 

 

 田中一村展 250点もの大展示 奄美の死生観に生ききった孤高の画家 昭和の伊藤若冲か

画帳とパンフレットとチケットに ワルナスビの花を置いてみた

 

 

 

     伝説の画家・田中一村展の大迫力と、その死生観

 

 今週のNHK教育テレビで取り上げられた田中一村の絵、思わず見惚れ、午後から何が何でも行きたくなった。幸い妻が久し振りに休養日で、子供たちと遊んでいるから、お一人で行ってらっしゃいというものだから、何も持たず山手線に乗って、秋葉原で乗り換え、千葉駅へ速攻。バスで千葉市中央区役所を目指す。千葉市美術館はこの中にある。何故こうも惹きつけられるのかというと、初めて田中一村の存在を知らしめたのは、やはりこの日曜美術館であったらしいが、私は文化座で’94年に田中一村の演劇を見ていたからでもある。日頃左翼系の文化座は見ないことが多いが、中にはゴッホを題材にした「炎の人ゴッホ」や「青春デンデケデケデケ」などがあり、決して侮っていないせいである。田中一村の劇は堀江安夫作の脚本で、確か「夢の碑ー私説 田中一村伝」であったと思う。痛々しいほど孤独と貧乏に苛まされた孤高の画家に描かれていた。兎に角いかにも悲惨な画家に描かれていたのだと思い出す。「荷車の歌」などに代表されるように文化座らしいなぁと感想を持ったが、実態の田中一村に逆に酷く興味を抱いたもので、今回の展示は彼の全貌を網羅している初の試みとの放送であったから尚更燃えていた。一緒にバス停で降りた初老のご夫妻に、田中一村展をテレビで見たのですかと聞いてみたら、やっぱりそうであり、所沢からすっ飛んで来たという。私のような人もいるのだとテレビの影響に恐れ入りながら、美術館前でお互いに笑顔にてご挨拶を交わしあった。

 千円の入場料を払って、区役所八階から入場する。どうやら画家の画業の年代別に部屋が構成されているらしい。入ってすぐ圧倒される。何故なら画家の息遣いさえ感じられるから。第一章として生まれてから東京時代まで神童と呼ばれた日々の絵の数々。父は彫刻家であったらしく、既に南画の手解きを受けていたらしい。豪快な筆致と、男っぽい墨書。反面精緻な筆遣いも伺える。田中一村とは何者かと、一枚一枚見て行くうちに益々興味が湧いて来る。明治41年(1908)栃木県で生まれ、最初は神童と呼ばれた頃の部屋を出ると、大正3年(1914)一家あげて上京し、麹町三番町に落ち着く。翌年9歳にして、父から「八童 米邨」と雅号を受け取る。この年の児童画展において、天皇賞(文部大臣賞とも)を受けたらしい。花鳥風月を幼年期から描いていたようだ。時に扇面に描くこともあったが、大正15年 18歳にして芝中学を卒業するや、東京美術学校に入学する。同期に東山魁夷などがいたが、たった二ヶ月で退学してしまう。自分のやるべき道と違うように思えたからであったという。昭和2年20歳の時、弟・芳雄が若干16歳にして他界。翌年には弟・実が14歳にして他界。同じ年に母親のセイが43歳にして他界。哀しみを堪えつつ絵を一筋に描き続ける。そして昭和18年に、父・弥吉(雅号・稲村)が52歳にして逝去。更に同年、弟・明が19歳にして他界。この時未だ一村とは名乗ってはいない。次々に肉親を亡くしながら画業愈々本腰へ。時に28歳の若き日であった。第一室から第二室の「東京美術学校退学後の大活躍」から、第三室「昭和初期の新展開」へ。画風は次第に南画から遠ざかって行く。南画と言っても絹本で出来た長尺の丈幅か半切が多いのが特徴だろうか。中でも圧巻なのは瓢箪図であったろう。幾重にも重なる瓢箪は七個、その廻りをグルリと囲む蔓や葉の黒々としたパワフルな絵は後の一村を感じさせ、既にここに原型があったのかもしれない。いずれの筆捌きも豪快なものだが、初期の「雪中南天図」は伝統的な極めて稀な大人しい絵である。

 

 

 雪中南天図 (大正12年の作 田中一村記念美術館蔵)

 

 

 淋しい青春の時でも筆は休まることはなかった。31歳の時、母方の親戚を頼りに、東京の自宅を売って、千葉市千葉寺に家を新築し、姉・喜美子、妹・房子と、祖母スエと共に移り住む。見よう見まねで農業をしながら自給に務め、スケッチ用に鳥類を飼う。33歳の時、妹・房子が結婚する。その時「あばさけ観音」の絵を贈る。千葉の郊外へ出掛けては精力的にスケッチし、多くの絵の源泉を得たようだ。第四室は「第二章 千葉時代」となっており、やがて当美術館所蔵の絵の洪水へと向かう。去来や蕪村ばりの、欲得のない素直な岩彩があふれており、千葉時代は二十年の長きに渡って住むことになるが、戦時中徴用され、船橋で板金工として働いたようだ。だが体調を崩し、しばらく療養。かねてから注文のあった襖絵の仕事をするようになる。鮮やかな変貌も見られるが、盛んに公募展に出展するようになり、だが殆ど入選することはなかった。驚くべきことである。

 

 

 千葉時代の象徴的な傑作 『秋色』 田中一村記念美術館蔵

 

 

 更にこの時代、多くの風景画を遺しているが、いずれも色彩感豊かにして、観察眼も極めて優れていたように思う。院展など多数出展するものの一向に結果が出ない日々が続いたが、この頃から画号を「一村」と改め、軸物ばかりではなく、襖絵や屏風絵にも果敢に挑戦している。落選すると怒り狂って、絵を破り捨ててしまうこともしばしばあったようである。千葉寺近辺では当時闘鶏が盛んだったようで、日本画の基本とも言える鳥の図を多く描いているが、闘鶏用の軍鶏をスケッチしたり、非常に優れたスケッチばかりで、中には田中一村自身の自画像とも思えるような激しい「軍鶏図」が多かった。落選に怒ってのことだろうか。

 

 『軍鶏図』 丹頂鶴や翡翠や 多くの鳥類のスケッチや 軸物を遺している 軍鶏だけは自画像のようだ

 

 

 「わが心の千葉」と題された大きな展示室を抜けると第一部の終了らしい。階下の七階に移る。すると「公募展への挑戦」の部屋や、「襖絵の仕事」や、「やわらぎの郷 聖徳太子殿の天井画制作」と展示は続く。それにしても美しい板ばり天井画であり、今回特別に所蔵する多くの公設館や、個人蔵や、寺社仏閣さまの協力をよく得られたものだとつくづく感心し、何やら胸が熱くなった。妻を連れてくればよかったと頻りに反省したのだが、急な見学で適わず甚だ無念の極みだ。

 

 

 石川県羽咋郡宝達志水町にある聖徳太子殿 やわらぎの郷 天井画 「薬草図天井画」 一部分

 

 

 この他にも美しい天井画があり、それは静かな「野の花」のようである。襖絵も多くの傑作があり、白梅図や紅梅図や、白蓮図や、様々な傑作があるものだと感心し、それにしてもこうして多くの方々のご協力が得られたのは、千葉市美術館の小林忠館長(現・学習院大学教授でもある)のご人徳でもあるのだろう。道理で展示会名は「開館15周年記念特別展 田中一村 新たなる全貌」としてあるわけだ。年代別に完全網羅の趣である。千葉市とは深い関係があったのである。因みに軍服姿の絵もあったが、後に奄美へ移住した際、貧乏で遺影がない奄美の各お宅への遺影画として多くのお宅に遺されていた。それも痛く感動せられた。

 

 

 「秋元光氏肖像」 如何に優れたデッサン力があるかご理解戴けることだろう 後の奄美に役立つことに

 

 

 そうこうするうちに、美的放浪が続く。そして四国や九州や和歌山への放浪の旅へと続いて行く。既に千葉の自宅を処分する覚悟で、親兄弟が全くいなくなったせいでもあったのだろう。田中一村は非情で、孤独であった。放浪するうちに、やがて奄美へ移住を決意するのだが、この遍歴の間の旅にも優れたいい絵が多く残っているから、一層不憫であり、まるで絵が生涯ただ一点しか売れなかったゴッホであるかのようである。だがこの九州・四国・紀州への旅路で一村は一村たりうる様式美に目覚めていったような気がしてならない。

 

 

 九州・四国・紀州への旅は 美的様式美を求めての求道の旅であったに違いない 作品・『青島の朝』

 

 

 昭和33年12月、遂に意を決して奄美への移住を決断する。展示場は「千葉との別れ」の後、最後の部屋へ。第三章・「奄美時代」へと。「スケッチについて」などの多数の展示。まだまだこれでもかというほどの作品の量だが、「奄美での作品」を見て、小生は完璧に絶句してしまった。余りにも美しい様式美、そしてあふれるほどの色彩。的確な筆力、圧倒する美の様式と、存在感。もう田中一村の究極というしかなかった。

 

 

 「榕樹に虎みゝづく」 絹本墨書着色 孤高なるみゝづくも相当なスケッチを繰り返していた

 

 

 

 代表作かも 「アダンと海辺」 絹本着色 大好きな絵 21世紀であったならば

 

 

 

 「不喰芋と棕櫚」 絹本着色 不喰芋の花芽から実になるまでを描いている 棕櫚の実も雄と雌

死生観をはっきりと具現し 暗示してあまりある

 

 

 

 「熱帯魚三種」 絹本着色 物凄い量のデッサンを重ねた

 

 

 プチスズキベラ・ブダイベラ 島伊勢海老 虎斑木菟 それぞれの写生図 膨大な量

 

 

 ただただ圧倒されるばかりである。スケッチの確かさ、その熱意と情熱、様式美と色彩の競演、そうして最も肝心なことは、田中一村が島に伝わる伝承の神々と交信したことである。「イザイホーの神々」のことだ。文化座で見た時のように、間違いなく赤貧洗うが如くであったろう。それでも美への飽くなき探求と挑戦は田中一村をして、間違いなく第一級の絵師として存在しえたに間違いない。昭和における伊藤若冲と言っても決して言い過ぎではなかろう。若冲と同じように誰も師匠を持たなかったからで、或いは時代に早過ぎた登場であったのかもしれない。70歳になったら個展をしたいと周辺に漏らしていたようである。50歳を過ぎてから奄美に来て、異時空間の神経も創作意欲も、ここで炸裂し爆発した画家であった。多分奄美と、一村の魂が呼応したのだろう。ニライカナイの「波上宮」が見えるような、烏帽子のような、神々が住む島を、最も明るい水平線上に描き、田中一村は決して貧乏に敗れてはいなかった。孤高であったのだろう。でも神々との交信で、一村は独りではなかった。「死」と「再生」と、そして海の彼方から来る神々の魂と呼応していたのだ。無念かな個展を開くことなく、シマンチュウにて69歳で突然逝ってしまった。忌日は昭和52年(1977)9月11日、心不全で、あっと言う間に神々のもとへと去って逝ってしまったのだ。誰からも知られず評価されずに、それでも自給し、尚一層一心不乱にて画道を突っ走った彼の生涯はきっとこれからはもっと高く評価されて行くことだろう。戒名は如何にも一村らしく、「専精院釈浄絵居士」と称され、名瀬市東本願寺にて友人たちに囲まれた。午後から行って五時間も見学したのだが、圧倒的な一村の存在感に、私の胸や魂はスッカリつまってしまった。これからも一村の絵が新たに発見されるかもしれない。そう言えば、この小林館長がNHKで初めて放映される時、それまで知らなかった一村の解説を依頼されたようである。時に先生は伊藤若冲の研究者でならしていたというから、満更若冲と無縁ではなかったのだろう。どの絵か、将来国宝になるような予感がしてならないが、私の予見は間違っているだろうか。ああ一村よ!永遠に有り難う!

 

 

 写生する田中一村 奄美にて 遂に到達した神々との呼応

 

9月19日・夜8時から NHK教育テレビで「日曜美術館 田中一村」が再放送されます。尚千葉市美術館の展示は9月26日で終了されます。

出来ればあちこち巡回して欲しいのは、筆者だけでしょうか。こんな展示会は二度とないでしょう。どうぞ是非御見逃しなきよう!

田中一村画集は千葉市美術館にて発売中 一冊2500円 素敵な凄い画集です この記事ではここから転写させて頂きました。

 

カテゴリー: 藝術 | 2件のコメント

小さい秋見ぃつけた

 

 

 萩の花 万葉集には141首も萩の歌が出てくる 萩の語源は「生(は)え芽(き)」とか 妻のスケッチ帖の前で

 

 

 

        小さい秋見ぃつけた

 

 

 確実に秋になりつつあるようです。邸内では秋の気配がはっきりしてきました。萩の花が咲き始めました。小枝を採って、妻の画帳の前に飾ってみました。それと皆さまには純白の辛夷の花はよく御存知だと思われますが、辛夷には秋になるとコブコブとした面白いカタチの実がなるんですよ。庭の片隅を子供たちと小まめに散策しますと、新しい松ぼっくりが堕ちていました。何か工夫して創りたいなぁというと、娘の杏はたくさん掻き集めます。面白いのでしょう。すっかり歩き始めた長男は少しだけ暖色に染まった葉っぱを採っていました。クスノキから堕ちたばかりの落ち葉です。野葡萄の実もすっかり秋色に。エビヅルの実はまだちっこく青々としています。夏草のワルナスビの花も咲いていますが、とげとげしく採るのに大変。もう終わったかなと諦めていたハゼランも次々に小花をつけていました。咲いているところはちょっとの風で揺らめくのでなかなかデジカメでは撮れません。アマチャヅルの実もまだ緑(あお)いのですが、立派な巻きひげを蓄えてポチポチと生っています。そんなわけで我が家の花塚周辺は野の花でいっぱいに溢れています。

 

 

 白洲次郎・正子夫妻の「武相荘」 そこで発売されていたトートバッグの上に 辛夷の実を置いてみた

 

 よぉ~く見ると、こんな大都会のど真ん中にも秋が見つかるのです。先日も杏と散歩に行った有栖川宮記念公園には早くも鴨が飛来していました。「ダァ!バードカミン?」と、何やら杏が言うには、この鳥さんたちは杏の家にも来るのかというのでしょう。「ヤァ!」と応えると、手を叩いて跳ねていました。何事も熱心になると、ずっと頑張ってやるこの子は母親似でしょう。或いは単なる親馬鹿でしょうか。庭の餌場にやって来る野鳥の中にも偶に珍しい鳥が混じっています。オナガやホオジロやシジュウカラなども。水鳥は狭い池だから滅多に寄り道してくれません。Potterの真似をして、母親愛用の色鉛筆で描きますが、まだまだ絵になっておりません。グジャグジャですが、描くと得意顔をしています。全く止めようとしないんですものね。女の子なのに、お喋りはそれほど得意ではないのですが、独り語りで何かいつも言っています。英語と日本語のごちゃ混ぜの言葉です。お相手は絵本の中に出てくる、誰かにお話しているのでしょう。杏が最も好きなアヒルのジマイマママあたりじゃないんでしょうか。

 

 

 小さい秋の証拠 野葡萄の実がなったよ

 

 大風は叔母と大の仲良し。一つのことに集中することなく、すぐ次の興味へ行ってしまいます。鮮やかな転換は大風の将来を暗示しているようです。絵本は、大風もミッフィーちゃんをそれほど好きではないらしく、杏が盛んに絵本を読むにつれ、昨晩は佐野洋子さんの「100万回生きたねこ」を大風に特別に読んであげました。大風ったら大きなどら猫クンの絵に目を白黒、可笑しかったです。姉の杏がアヒルやネズミや猫や、あれもこれも欲しいというのですが、トイプードルのめいちゃんがいつも一緒にいるものだから、それほど欲張りませんが、但し鳥類にはとりわけご執心の様子です。空を飛ぶ鳥に向かって、おっきい声で独白しているからなんです。子供って、何をしでかすか分かりませんので、可笑しいものですね。私はもっと悪戯っ子だったことでしょう。

 

 

 新しい松ぼっくりと やや黄ばんだクスノキの葉

 

 いつぞやもお話させて頂きましたが、佐野洋子さんが2004年に乳癌になられ、大変な手術をされていらっしゃいます。最近新たに脳にまで癌細胞が転移してしまったとか。それでも凄いですね。自分で納まるべきお寺さんを探し、永代供養を済んでいらっしゃる。そして凄いのは死ぬまでに必要なお金を残し、ジャガーの新車を買ってしまったようですよ。自分でホスピスも予約したのだから凄いの一言ですね。「死にたいなんて誰も思わない。でも誰だって死ぬんだから」ときっぱり。「シズコさん」では認知症のお母さんの介護に明け暮れながら壮絶な確執と和解が書かれてありました。でもどこか逞しいと感想を持ちました。それと親しい写真家の百瀬恒彦さんに頼んで、既に『遺影』を撮影してもらっています。100万回生きた猫は最後に真っ白い美しい猫を愛し、たくさんの子供を作った。そしてどら猫の彼もやがて妻猫の傍で死ぬというお話だが、愛を知ってからやっと死ねることの不思議なストーリーが、今更ながらに凄いパワーを持っている本だと思えました。余命二年と宣告されていながら、死に様はきっと佐野洋子さんらしく、堂々と潔いのでしょう。最期の最期まで頑張って生きて戴きたく、何も出来ず恐縮だけれど、家の駄目んズ息子までがファンですよとだけご報告出来そうです。たくさんエッセイや小説には佐野節ってのがありまして、どれも如何にも彼女らしいカラリとした明るさと気丈さが持ち味ですものね。シズコさんが93歳で亡くなったのに!佐野洋子さんは1938年北京で生まれ、ベルリンの造形大学でリトグラフも学ばれた頑張った方です。今年御歳72歳。まだまだ早いですね。それこそ『神も仏もありませぬ』ではないでしょうか。『覚えていない』や、『シズコさん』や、『役にたたない日々』など、どの文章もリズミカルで楽しく読ませて戴いております。尚『100万回生きたねこ』は今後とも永くロングセラーとなって行くことでしょう。佐野洋子さん頑張れ!

 

 

 百瀬恒彦さん撮影の佐野洋子さんご自身の遺影となる写真 (失礼ながら新聞記事より転写)

佐野洋子さん関連 拙ブログにおける過去の記事 「ヨーコさん、寸分の時間も生きて!」

 

 

 

 小さい秋を 懐石料理用の木箱に盛り付けしてみました

 

 

 平成9年(1997)9月13日はインドで マザー・テレサの国葬が行われた日です。

その日宗教の別なく、一万人の人々が参加された日でした。アメリカ国民には余りにも今日的でありましょう!

 

 

カテゴリー: 季節の移ろいの中で | コメントをどうぞ