ブルージュからの便り (ベルギー)

 

 

 

 

 

 

 ブルージュからの便り

 

 

ベルギーのブルージュから 友人の便りが来たのは いつの頃だっただろうか

懐かしく 街全体が静かで 穏やかな雰囲気は今でも忘れられない小さな街

但し南フランスのプロヴァンスと違い 多少にび色をしていたと思う 

エトランジェが直ぐに溶け込めないような そんな厳格さがないわけではないが 

みな人懐こく 不安は直ぐに一掃される 旅のうち最も好きな旅はそんな不安がない旅であろう

私はつい種田山頭火のように 暗い気持ちになって徘徊することが多く

バルにフラリと入って 酒の一杯でも飲むことが出来るポルトガルやスペインの旅が性にあっているような気がする

生きているうちに 生きたい空に行き 歌いたい歌を歌い 喋りたいことを喋る 常にそんな自由人でありたいものだ

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中