白鷺の舞う津和野の夏

 

 

白鷺の舞う津和野の夏

 

 

七月二十日と二十七日に 島根県の津和野では 優雅な白鷺が舞う祭りがある

神輿に供奉し舞われる神事舞で 鷺舞(さぎまい)と子さぎ舞がある

弥栄(やさか)神社で行われるので 京都・八坂神社の御霊会としての祇園祭り系統である

元々は京都の祇園会で行われていたのを 長州大内氏によって山口の祇園社に移し

更に天文十一年(1542年)隣国石見の津和野城主・吉見正頼が疫神を鎮めるために当地に移したと言う

鷺舞の鷺は雌雄二羽で一対をなし 木で作った白鷺の頭を被り 檜の薄板に白絹を貼った羽根をつけ 囃子と歌謡に合わせ優雅に舞う

これに六十名ほどの子さぎ舞の行列が続く 可愛いくて堪らない子さぎの舞である

 

津和野

 

全国に点在する八坂(もしくは弥栄)神社では 京都の八坂神社を筆頭に 大抵の八坂神社で七月に祇園会が行われる

 

広告
カテゴリー: 祭り パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中