幽愁・秋の七草

女郎花

                                                                                       女郎花と紋白蝶

 

 

                          幽愁・秋の七草

 

 

  万葉の歌人・山上憶良の歌に、次のような歌がある。

       秋の野に咲きたる花を指(おゆび)折り かき数ふれば七種の花

    萩が花尾花葛花撫子の花 女郎花また藤袴朝顔の花

 古来からこの歌をもって秋の七草とされて来た。春の七草からしてみると、全く異なる趣きである。春の七草は食用草に対して、秋の七草は観賞用が主な目的となっている。何故それだけなのか、詳細なことは分かっていないけれど、奇数に拘りがあったことは確か。その上何処か観賞用としてだけではないような気がする。薬効があるとか、何か生活に必需のものだったりする。そんな単純な背景しかないのではなかろうか。松虫草・秋海棠・野菊・吾亦紅・彼岸花・酸漿・鶏頭・葉鶏頭などなど秋の草花には他にもたくさんあるが、渡来した年代の差か、単に憶良の趣味か判然としない。 いずれ秋の七草は地味で古色蒼然としている

 

 【萩が花】

萩 

 群生しているハギでも、一本だけのハギでも、そのうねりがある姿は日本の秋における風情の代表格だろう。大人しく静寂なる花である。そこに露がかかった眺めると最高だとよく言われる。別名ヤマハギといわれ、各地の山野に普通に見受けられる。花序は葉よりも短く、葉は三枚の小葉からなる複葉である。又鹿鳴草(ロクメイソウ)ともいわれ、歌や絵の題材として鹿と組み合わされることが多い。実は粉にして食用に出来る。根、茎、葉は乾燥させて煎じると、強壮、頭痛、眩暈に効果がある。葉は家畜の飼料として最高だ。昔は屋根を葺く材料にもなった。枝が真っ直ぐなので、魚や干し柿を刺す串となる。奥深い美しさだろうか。

 

 【尾花】

すすき野

  尾花は花になった時の名称で、通常ススキのことを指す。花盛りより枯れた穂には哀愁が漂い、如何にも秋を思わせる。夏目漱石が阿蘇の秋を『行けど萩行けど薄の原広し』と詠んでいる。八ヶ岳南麓や箱根・仙石原の景観もその表現に劣らずススキの海を感じさせる。日本全国何処に行っても親しみ深いもので、子供の時分、花穂を採って遊んだ記憶があるが、葉だけは触らなかった。葉の縁には鋸状の歯があるから手を切ることもあり、道理でテキリグサとも呼ばれているはずである。カヤと呼ばれた頃は、屋根を葺いたり、簾や炭俵の材料となる重要なものだった。今では草木染の材料として広く親しまれている。但し刈安(カリヤス)ではない。カリヤスと殆ど似ている発色がするが、カリヤスは小鮒草で、ススキは黄土色とでも申しましょうか、青を足して緑色を作る時によく使われる。又東京で唯一残る早稲田~三ノ輪橋間の都電の駅で「雑司が谷」があるが、そこの鬼子母神さまの境内では郷土玩具として、ススキの穂だけで作ったススキミミズクが売られている。花穂がミミズクの羽のようにホワホワしていて実に可愛いものである。

 

 【葛花】

葛

  葛花は各地至るところに自生している。多年草の花で、葉は大きく三つに割れ、葉の裏は白味を帯びている。蝶形の淡赤紫色の小花が穂状に咲き、下部から枯れて行く。どこといって際立っているものはないが、葉裏の白さと、枯れて行く花の色が美しいところと汚いところが同居していて、そこに風情があると言われ、多く歌詠みにされる。根から採れる澱粉は葛粉になる。藤の木の根っこから澱粉を採る吉野葛とは、似て非なるものでまるで違う。若葉は漬物や天麩羅や和え物に、花は漬物や酢の物にして食用にする。葛根湯(かっこんとう)は風邪薬としてよく知られている。幹の繊維から葛布が織られ、壁紙か和装小物に使われる。

 

 【撫子の花】

撫子

  秋の七草の中で最も色彩が鮮やかで美しい花である。本州・四国・九州の山野の草地に自生し、カラワナデシコとも呼ばれている。夏から秋に掛けて茎の上方でまばらに分枝し淡紅色の五弁の花をつける。花弁の先は糸のように繊細に裂けている。白色の花もある。東北地方では、花の裂けた様子を茶筅になぞらえ、チャセンバナと呼ぶところもある。中国から渡来したセキチクをカラナデシコと呼ぶのに対して、ヤマトナデシコと呼び、日本女性の美称の一つになっている。若芽は晒して食用に出来る。種子は消炎、利尿、通経薬に用いられる。 撫子は憧れの花かも知れない。

 

 【女郎花(オミナエシ)】

女郎花

  直径3~4cmの小さな花をたくさんつける。色彩は明度の高い綺麗な黄色で、盆花とも呼ばれ、抹香臭い香りがする。何処となく淋しげな花であり、私は大好きな花だ。山城国男山のオミナエシにまつわる『女郎花』と題する能がある。どちらが先についたのかは分からない。それによく似た伝説もある。小野頼風に捨てられた女が、哀しみのあまり近くの川に身を投じ死んでしまう。近所の者達はそれを哀れみ、供養塚を建てて弔った。その秋、塚周辺に淋し気にオミナエシが咲いた。彼女の死を知った頼風は、自分の余りの仕打ちを悔やんでも悔やみ切れず、同じ川に身を投じて死んでしまう。何とも救いようがない哀しい話である。京都に伝わる男塚と女塚の伝説である。よく似た白い花にオトコエシという花があるが、一説にはこれに対抗して名付けられたとも言われている。根は消炎、浄血、利尿剤に適用されている。

 

 【藤袴】

藤袴

 関東以西の川べりや土手に自生する多年草だが、近年ではめっきり見られなくなった。若くして死んだ母の訪問着に、この藤袴の絵が乱れ咲くように描かれているのがあって、いつまでも私の心に残って離れない。絵の背景の地は落ち着いたグレーで、美しく花が描かれた和服であり、今は何処に仕舞ってあるのだろうか。母は「この花ね、藤袴って言うのよ」と、幼かった私によく言って聞かせた。当時はよく分からなかったが、是非一度、妻に着せてみたい和服の一品である。これによく似た花でヒヨドリバナがあるが、ヒヨドリバナには全体に毛がある。フジバカマの茎の上方に出る葉は単一のものであるが、下方のものは必ず三裂している。別名香草とも呼ばれ、生乾きの時、素晴らしい芳香を放つ。これはクマリンによるもので、衣類を仕舞う時に一緒に入れるとよいと思う。

 

 【朝顔の花】

桔梗

  これは多くの説があって、なかなか特定は難しい。間違いなく通常真夏に咲く朝顔ではないことだけは確かなようである。槿や桔梗など種々の説があるが、今では多分桔梗の説が有力であろうと思われる。キキョウは古くは朝顔と呼ばれていたことになる。全国各地の陽当りのいい場所に咲き、花は釣鐘状で美しい。五本の雄しべが枯れてから、雌しべが開いて来る。桔梗には「咲かずの桔梗の伝説」がある。平将門は敗走して城峰山にある弟の御厨三郎将頼の城に立て籠もっていた。そこから時々愛妾の桔梗が抜け出すのを知り不審に思った矢先、追討軍が押し寄せて来た。将門は桔梗が敵に内通していたと思い過ごして殺してしまった。そこで無実の罪の彼女がその地に桔梗の花を咲かせないと言われている。情けない話である。処で若苗は、浸し物、天麩羅、花は酢の物、根は油炒めにすると美味しいと聞いている。又根は去痰、排膿薬として扁桃腺炎、気管支炎などに用いられている。

 

 【見処】

 宮城県仙台市には野草だけを集めたユニークな仙台野草園という公園がある。園内は、沢・深山植物区、郷土文芸苑、水生植物区、つつじ苑、あやめ苑、秋の七草苑、海辺の植物区、高山植物区などに分かれていて、9月初旬から20日ぐらいに掛けて、秋の七草苑では萩の花が盛りを迎える。萩の種類はツクシハギ、ニシキハギ、ヤマハギ、ミヤギノハギなどたくさんあるが、特にミヤギノハギは県花にもなっている。東京では向島百花園や東大付属小石川植物園などが秋の風情をいっぱいに表現してくれている。奈良で、萩の寺で有名な御寺は白毫寺や新薬師寺であろう。国宝を取り囲む新薬師寺もいいが、荒れ寺の先入観的イメージがある白毫寺の萩は御寺の風情に似合っていて素晴らしい。又京都上京区の梨木神社参道には約1000株の萩が植えられている。萩が盛りになる9月の第三日曜日には萩祭りが行われ、琴の演奏や茶会が行われる。秋を詠んだ歌を短冊に書かれ、萩の枝につけられる。

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

幽愁・秋の七草 への8件のフィードバック

  1. 道草 より:

    残暑去り遣らぬ昨日今日ながら、秋の七草が秋の風を届けてくれます。明後日は九月。園頃にお二人は、来し方行く末を思い偲びつつ秋の野面を散策しておられることでしょう。
    佳き旅が叶いますように。下記の短文は、過日京都新聞に出たものです。秋の七草もさりながら、白い花秋の花。白い雫も秋の露。
     『はかなき白露、夏への別れか』
     今年は九月の残暑が厳しいが、それでも朝夕はずいぶん涼しくなった。朝早く散歩すれば、道端の草々にわずかな露が宿っている。そういえば九月八日は二十四節気の白露(はくろ)だった。季節の変わり目は何となく寂しい。この美しい言葉のせいなのか、夏から秋へ移る今ごろは、いっそう、その気持ちが強く感じられる。
     二学期が始まってから間がない。通いなれた杉木立の峠道を行く時、わら草履がしっとりと朝露を含んで重くなる。夏休みに入る前の山道では、草履が濡れることはなかったのに。もう、そこまで秋が忍び寄っているのだろう。振り仰けば空の色が高く青く澄んで、一面にうろこ雲が浮かんでいる。
     昔、私たちが一時間かけて徒歩で通学した山道も、今はバイクで十分足らずで過ぎてしまう。後輩たちは、季節の変化を味わう余裕はあるのだろうか。北山杉の山の中学校へ通った道は、あんなにたくさんの自然に恵まれていたのに。
     思いははるか。夏から秋への境には、白い萩、白い槿(ムクゲ)に白い星屑七竈(ナナカマド)。野薊(ノアザミ)の白い綿毛は、夏への別れを告げる合図だったのかもしれない。色鮮やかな夏の色から秋の色へ移り変わる間の、ほんのひとときの白い色である。そして、透き通る白露の色はいっそうはかない。
    「柿本人麻呂の詠める」
    原文: 山萵苣 白露重 浦經 心深 吾戀不止 
    読み:山ぢさの、白露(しらつゆ)重み、うらぶれて、心も深く、我が恋やまず
     「旅人はかへらず」  西脇順三郎
    <六一>九月の一日心はさまよふタイフーンの吹いた翌朝ふらふらと出てみた一晩で秋が来た夕方千歳村にたどりつく枝も葉も実も落ちた或る古庭をめぐつてみた茶亭に客あり

  2. (Kazane) より:

    今日は涼しくて、過ごしやすい1日でしたね。秋の七草、こうして並べて見せていただくと、どこか素朴で素敵ですね。私の実家の近くは、花の名前がついた地名が多いのです。なでしこ小学校という小学校も近くにありました。硯水亭さんの奥様は、「やまとなでしこ」という感じでしょうか?週末の旅行、楽しみでしょうね♪スラッとしたお二人が手を繋いで歩いている姿を想像してしまいました(^^)お土産話を楽しみにしています。 

  3. 文殊 より:

                道草先生
     
     さすがに先生の御文は、寂び寂びとしていて、自然の生業の一瞬を鮮やかに切り取って見せておいでです。 何とも言えない情緒があり、自然の儚さの中に、優しく同化して行きそうな雲行きです。決して無常を恨むことなぞなく、逆に無常を楽しむようでもあり、行雲流水に沿った視線は、豊かなる人生をも感じさせてくれます。夏の終わりにあたって、行く夏を惜しみ、来る秋の身近さに感歎しておいでなのでしょうか。都会の道路はたとえ裏路地であっても、舗装が行き届いておりますから、草を踏みしめて、白露を感じることはありません。でも間違いなく、都会のそれは可笑しいのでしょう。
     
     白い花が目立つことも、そう言えばそうだなと妙に納得が行きます。朝露の重さや露の実感はありませぬ。哀しい都会の生活です。但し最近めっきり鳴く虫の音が聞こえるようになりました。都会の喧騒をも凌駕するかのような虫の音はひどく心地いいものです。皇居周辺の叢にはどのくらいの虫達がいるのでしょうか。喧しいほどいます。そうしてようやくやっと涼しくなった折、私達は旅に出させて戴きます。初めての新婚旅行とは可笑しな表現ですが、正直な気持ちです。精々雲や風や澄んだ光や空気の中を、二人で歩いて参ります。対座話法ではなく、遠く北アルプスの連山でも眺めながら、側座話法に徹しながら。。。。。
     
     白露の次の日は重陽の節供で、それが終わる頃は博多・筥崎宮の放生会(ほうじょうや)があって、若い女性達は赤いベベを着て参集することでしょう。今回の旅は「とうせんぼ=風祭り=虫送り」のご神事巡り。妻は古文書を、私は民俗を担当し、同じ実証主義で二人三脚して来ようかと。他愛無い旅になりそうです。今日も先生にお越し戴きまして本当に有難う御座いました!

  4. 文殊 より:

            風音さま
     
     私達が歩くと、二人とも背が高いので、どうしても目立つようです。それと大事なことですが、家内は若い子ので、不似合いではないかと、私一人だけがいじけながら視線を感じます。(苦笑) 但し妻は手をつなぐのが好きらしいのです。手の中は汗でじとっとして来ても、ずっとつないでいます。困った人で、若い男性と一切話さない習性がありまして、私にだけ甘ったれなのを、私はどこか密かに喜んでいるのでしょう。越中八尾の風の盆では見るだけでなく、踊ろうということになっていまして、現地の方に参加を受諾されています。何度か挑戦してようやく踊れるようになったからです。ですからそれが最大の楽しみになるのでしょう。私が男踊り、家内は女踊りの一カップルで、どこかまだわかっていないのですが、どこかの組に入って踊ることになるでしょう。真夜中に演じられる町流しを流して歩こうかと思っています。こんな私達ですが、一層仲のいいツガイになりたいものだと希望しています。帰りましたら、Blogに、何を書かせて戴こうかと存じています。風音さま、今晩もおいで戴き、本当に有難う御座いました。心から感謝申し上げます。

  5. ただ今カフェで読書中 より:

    おはようございます。
    少しだけですが秋の気配を感じる朝の気配の中、秋の七草と文章を堪能させていただきました。
    我家の庭は今、葛でぐるりを囲まれており、その花が模様をつけるようにして咲いています。葛の芽は天婦羅にして食べてみたことがありますが、花も食べられるのですね。今夜にでも食べてみようかしらん。
     
    八尾は今、どのような秋の気配に包まれているのでしょうか。思い出に残るよい旅でありますように。
    旅のこと、八尾のこと、風の盆のことなど、拝読させていただくのを楽しみにしています。
     
     

  6. 文殊 より:

           Hayakawaさま
     
     昨日は農家周りをしておりました。今度の選挙で、農家にばら撒き政策を打ち出した民主党に、殆どの農家は投票されたようですが、ばら撒き主義では一時の解決しかなりません。あらゆる規制を撤廃してこそ、IターンもUターンもありうるので、根本的な議論をして欲しいと実感致しました。虫送りの行事を見学するだけで、そんな感想を強く持った次第で、今のままでは高年齢化した所謂限界営農者と言われる方々は破綻するのが眼に見えています。 民俗は特に農業関係の部分がやがて消えてなくなりそうで心配なのです。何と言っても減反政策がある以上、五穀豊穣を祈る行事が余計なことになるだけで、日本人の原初的な欠落は後世禍根を残すのではないかと。土地が余っているのに、日本の食糧事情は、その自給率が30%そこそこなのですから、世界のどこかで風邪を引いたら、日本も直ぐ風邪を引くような按配です。とっても心配しています。
     
     葛はとても癖がありますから、食用になさる時は酢をたっぷりお使いになられた方がいいかも知れません。何でも挑戦して実感を得たいものですね。
     
     今夜は金沢に宿泊しておりますが、明日か明後日、どちらかに八尾に伺う予定になっています。風の盆の時は、ご存知の通り210日ですから、毎年天候に恵まれることはありません。必ず雨でやられるのです。その時は学校の体育館ですが、こうなるとちょっと情緒がないものですから、出来れば、路上で踊りたいのです。帰りましてから詳細に八尾のことをご報告させて戴きます。ぜひお楽しみを!妻は日頃の勉強疲れのせいか、今朝もぐっすり寝込んでいます。私が朝早いのは会社からの報告を処理する時間が必要で、旅をしていても、国内では旅の実感はありません。(苦笑) では!

  7. みつえ より:

       硯水亭さま
    昨夜は二百十日。 風の盆 お二人 踊られました事でしょう。
    秋の七草 そこはかとない風情ですが 実はどれも力強い性を持っております。
    我が家の小さな庭の 木萩も 梅雨時から 幾度と無く咲いてくれますが
    この涼しさに 又蕾が零れ始め どの季節より 色を増して 風情があります。
    やはり 萩は秋の想いがするからでしょうか。
    旅のお便り 楽しみにいたしております。
     

  8. 文殊 より:

             野の花さま
     
     ただ今帰って参りました。楽しかった新婚旅行もあっと言う間に過ぎてしまいました。至ってささやかな新婚旅行ですが、お互いに干渉しない部分を作り、出来るだけ家内の研究を延ばしてあげたい一心で、このような生活を送っているのです。主夫でシェフが私ですが、彼女は時々自分でもやろうとするので、その気持ちだけは有難いと痛感しております。 未だ院生ですから、これからですね。頑張って欲しいと願っています。
     
     秋の七草は、野の花さまには釈迦に説法でありましょう。でも私にとっては或る程度整理して書きたかったのでした。七草をアレンジして活けるとなると、極端に難しいもので、銀座の『司』に任せる他はないのですが、野の花を切り花にすると直ぐ萎れてしまいますから、儚さを実感致します。どうアレンジして活ければいいか、是非お教えくださりませ!
     
     確かに野にある場合は強い草花でしょうね。特に萩や女郎花などは頑丈でしょう。今では最も見当たらないのが藤袴ではないでしょうか。自生している様を見た経験は少ないです。母の小袖に藤袴の絵が描かれた和服がありますが、絵にすると頗る素敵な花になりますね。よく覚えております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中