冬至と『一陽来復』

img039

 

 

                                                冬至と『一陽来復』

 

 京都・車折(くるまざき)神社や東京・早稲田の穴八幡で有名な『一陽来復』のお札の意味は、主に易学に出て来る四文字だが、一番「陰」(絶望)なる日から徐々に陽光(希望)が差し込んで来ると言う意味合いの言葉で、悪いことばかり続いたが、漸く回復し善い方向に転じる、或いは「冬来たりなば春遠からじ」とでも言うでしょう。つまりは冬至は二十四節気の一つで、二十四節気の誕生と最も関係があり、唐の時代は正月であった。冬至は一年で最も太陽の当たる時間が短い日と言うことになる訳で、そこから易学の『一陽来復』と重複し、人によっては『一陽来復』は冬至の別称と言っている方がいらっしゃるようだが、正確には中身は同じでも、出所が全く違う。そして最も日照時間の短い冬至は、陰暦の時代の産物であるから、毎年多少なりとも違い、現在の新暦から見ると、日付がずれて来る場合がある。だがここしばらくは12月21日か22日と思って間違いないだろう。

 冬至には冬至カボチャを食べたり、小豆と一緒に従兄弟煮にして食べたりする。この習慣は中国の歳時記である『荊楚歳時記』に出て来ることが関係している。「冬至の日赤線をもって日の影を計る 共工の子 冬至の日に死に 疫鬼となり 赤を恐る」と書かれてある。陽の方角の南方から来たカボチャ(語源は原産地のカンボジヤ)は夏を意味し、邪気には対抗出来ると信じられた。又地方によっては、お粥の中に赤い小豆を入れて食べる習慣(小豆粥)もあるが、邪気は赤を恐れるからだとされている。その上柚子風呂と言い、柚子を適当な大きさに切って布袋に入れ、チリチリするようなお風呂にして入る。ポカポカ身体中が温まり、所謂『禊(みそぎ)』の意味合いが色濃く、邪気は近づかなくなるとはずだと。

 『一陽来復』とは先にご説明したが、お札を、冬至・大晦日・節分の三日間だけ、午前零時を持って張り替える。 『一陽来復』とは私の好きな言葉の一つであり、冬至と春のお彼岸の中間点を節分と言い、節分には節分で『立春大吉』と言う言葉があり、これも私が最も好きな四文字熟語の一つで、何かホノボノとした気がしてほっとして来るものである。迷信だ俗信だと簡単に笑い飛ばされるかも知れないが、こうした民間信仰の奥には、ちゃんとした天然自然の理法があって、我々は、そのことを決して忘れてはならないと思う。半ばこのような可愛らしい行事の中から、自然を大事に大切にするこころを学ぶのである。

                                                                   本記事は櫻灯路より参照

 

 

 【絵は亡き主人の絵であり、字は割り箸で書かれたものであった】 

 

ニューヨークも半端ない寒さで、明け方JFK空港に早くついて、先ほど冬枯れのセントラル・パークからちょいと入ったマディソンAve.のホテル・フォーシーズンズにやっと落ち着いたところである。朝食もそこそこに、早速朝早くからマンハッタン~チェルシー~ブルックリンと立て続けに仕事で出掛けなければならない。支社に立ち寄るのは一番最後になりそうで、体調はそれほどよくなく、微熱は治まっていないが、世界一の躍動感があるこの町に、溌剌とした元気あるパワーを貰い、多分大丈夫だろう。ここニューヨークでの仕事如何によって、今後の日程も大幅に違って来るから大変だ、頑張ろう。今、朝の8時である。
 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

冬至と『一陽来復』 への4件のフィードバック

  1. 道草 より:

    「一陽来復長湯を妻にのぞかるる」(山口いさを)。冬至の今日(京)はやや薄曇りの、何とはなく穏やかな夜明けとなりました。天気は下り坂で午後から雨模様かとの予報です。冬至の記事は、「櫻灯路」にて昨年も拝見した記憶があります。早いものでもう一年。往く人来る人それぞれに感慨の裡に、落涙以て振り返る歳の瀬ではあります。今宵は柚子湯で冒頭の句の如く遂々長湯をしてしまいそうな、そんな冬の夜長を惜しむ一日となりそうです。西方の海外の旅の空となれば柚子湯の風習に浸る間もなく、その分を香の君に委ねて遠く奥様の無事息災を祈って差し上げて下さい。そしてまた御身大切になさいますよう。「小至」にて杜甫曰く。天时人事日相催 冬至阳生春又来(天の時も人の事もおし迫り、冬至になって陽気が生じまた春が来ようとしている)と。

  2. 文殊 より:

              道草先生
     
     残念ながら、どこかで柚子を売っているらしいのですが、購入するに及ばず、柚子風呂に入ることは叶いませんでした。早く早く帰りたい一心ですが、私はどうも手抜きが出来ないタチでして、つい来た以上はと一所懸命になってしまいます。更に辛いことは新婚最初のクリスマスに、妻と過ごせそうもないことですが、電話をしたら快く許してくれました。後々の語り草になることでしょう。お互いにクリスチャンではないからと。いつも通りに健康に気をつけたいとね。私にしてみれば、是非とも風邪などに引かないように頑張ってくれることを念願するしかありません。来年はそんな大きな出来事がありますから、是非頑張りたいと思っております。今日もおいで戴き、有難う御座いました。
     
     Outlookが駄目なようです。日本との交信はもっぱらMSNの野風増にゆだねています。先生に何か届きましたでしょうか。天からの恵みかも!

  3. 道草 より:

    昨夜OutLookでメールしました。冬至の地球軸の影響?な~んてアホなことを言うておりますが、サーバーには保存されているのでしょうか。

  4. 文殊 より:

            道草先生
     
      済みません。どうしても開けません。保存ははされているようです。ウィルス・・チェックも怠りなくやっております。何故なんでしょうか。でもニュアンスで充分御用が足りました。安心致しました。では元気よく行って参ります。有難う御座いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中