お歳暮・くじ引き・冬休み

お歳暮の分配

 

 

                      お歳暮・くじ引き・冬休み

 

 さて世間では紅葉が終わり、殆どの風景が静まり返って閑散としているのに、人間の社会は師走になると妙に喧しくなる。特に日本人の暮れは忙しい。各デパートでは早々と歳末大売出しで、大晦日まで休みなしで、ご苦労なことだ。店舗の隅々まで大袈裟に飾り立て、おまけに日本人の信仰と関係がないクリスマスが近く、クリスマス商戦も一層激しくなる。こう言う風に騒がしくなる要因は、日本人の伝統的な生活習慣に最も関与している。一年の出来事や、特にお金の勘定に一切決着をつけたいとの思いがあるからで、掛取(かけどり)とか掛乞(かけごい)と言う習慣が、何らかの形で残っているからではなかろうか。現在では月々の月末清算に移行しているのがほとんどであるが、元は盆・暮れの二回だけの清算であった。中には年末に一回のみの決済の方法もあったようで、売り掛け金を集中して集めて廻らなければならなかった。通常の回収は掛取で、年末大晦日零時まで掛かって必死に何とか回収するのを掛乞と言うわけだ。払う方は払う方で、何とか正月まで持ち越さないでいると大変なことになり、何とか済めば、ああやれやれと言うことになり、晴れてお正月さまを迎えられる。歳暮と言う考え方も同様で、この一年のご交誼に対し感謝する意味で、得意先・上司・先輩・親戚・知人など、主に目上の人に対して贈り物をし、感謝の意を表現する。ご交誼の程度で中身は色々に違って来るであろう。古くはお米や魚が多かった。それをトシ神さまにお供えをするのである。その用途に使われるように配慮もあった。

 日本人の一般には、確たる信仰のもとにこうした生活習慣があったわけではない。キリスト教・回教・仏教などによる習慣ではなく、八百万の神々を感じて生きて来た民族であるから、それだけに逆に身近に様々な神を感じながら、生きて来た民族としての日本人の知恵と特性の証拠だろうと思う。従ってこの歳暮も この一年間の神への感謝が目上の方に対し、表敬し贈答する形だと見るべきである。つまり目上の人のその奥に、日本人の神々を感じていたからこそ、そうした習慣が出来たのであって、そうすることによって、より一層人と人とのつながりが緊密になって行くのである。この習慣はやがて目上の人に限らなくなって来る。友人や使用人に対しても、一年の労をねぎらう意図で、それなりの贈り物をすることになり、商店や銀行などでは一般客にカレンダーや手ぬぐいを配ったりする。宣伝の意味ばかりではなく、一年の感謝の記しとして、感謝の意識が強かったのである。正式には『歳暮祝い』と呼ばれていたが、略して『歳暮』になった、これに対して返礼の意味で『歳暮返し』もあり、歳暮を受け取った親方は、その返礼としてお酒の一升瓶でもあげると言った具合だが、それも労をねぎらう意味もあったからだろう。

 初めて嫁を迎えた家からは、嫁の実家に対し贈り物をする習慣もあった。それを『初歳暮』と呼ばれている。歳暮を受け取ったら、せめて御礼状ぐらい出さなければならないが、主人が忙しいと理由でそのままになるケースが最近の実情だ。ご主人が忙しければ、奥さまが主人名を書き、その下に「内」と付け加えて 礼状ぐらいは当然ではなかろうか。最近では益々礼儀作法が酷くなり、ご機嫌取りとか、虚礼に陥っているケースが多く見られるが、虚礼は如何なものだろうか。歳暮本来の意味から言って 社会生活を営む意味で潤滑油となるので、その役割もあるのだろうし、歳暮の贈り物には、贈られる方のお顔を想像しながら、夏の中元よりやや重いそれなりの吟味をする必要もあろう。

 ところで日本時間12月21日午後から、当社に来る多くのご進物を、平社員から会長に至るまで全員でくじ引きして平等に分かち合う。同じ物が重複しないように、福袋のように詰め換えたパックを、番号に当たった順番で受け取るのである。この習慣は亡き主人が始めたもので、自分だけいい物を取って行くことが一切なかった。会社のオーナーと言えども、決して独占することがなかったからである。喩え個人名が書かれてあっても、会社の仕事でのことだからと言って、クリスマス直前のこうした頒布会の材料になってしまう。社員にとって多少の当たり外れが当然あって悲喜こもごもだが、贈り主さまのご厚情を等しく全員で有難く頂戴するのである。お中元もお歳暮も、こちらからお贈りする物すべてがオーナーからの出金であるのにである。既に休みに入っている者や私のように出張中の者にまで、等しく実施されている。今年も賑やかであったらしい。そうして気分よくそれぞれが冬休みに入って行くのである。

                                                                              一部櫻灯路 参照す 

 

 

 現在21日午後21:00を廻ったところである。さして重要ではないパーティがあったが、私だけ2時間前に抜けて帰って来た。

日本から持って来た薬(風邪?PL、及び解熱剤)を飲んで早めに休もう。微熱を下げなければ!

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

お歳暮・くじ引き・冬休み への4件のフィードバック

  1. Unknown より:

    こんにちは♪ ずっと微熱が続いているご様子で、心配なので飛んできました。
    よくおやすみになれたでしょうか。熱が下がっているとよいのですが・・・
    こちらは朝から灰色の空で、せっかくの冬至の日ですのに、昼の短さも太陽高度の低さも実感できません。でも、今夜は柚子湯の温かさがことのほか嬉しく感じられることでしょう。
    硯水亭Ⅱさんもバスタブにアロマオイルでもお入れになって、よーく温まってくださいね。
     
    (少しでも応援させて頂こうとサインインを試みましたら、今回は出来た様子ですが・・・ちゃんと飛んで行ってくれるかしら?)

  2. (Kazane) より:

    あっ、夕ひばりさんもこちらにコメントを♪硯水亭さん、その後いかがですか? 微熱、心配ですね。やはり、お忙しい日々が続いているからでしょうか…。本当はゆっくり休むのが一番なのでしょうが、そうもいかないですものね。私も、アロマオイルはお勧めです。風邪にはティートゥリーがいいと聞いたことがありますが…。もし、どこかでアロマオイルを売っているお店に立ち寄るようなことがありましたら、探してみてくださいね。でも、そんな時間はないでしょうか…。お大事になさってください。 夕ひばりさん同様、こちらから応援&お祈りしています☆

  3. 文殊 より:

            夕ひばりさま
     
     うわぁ~~~~~~~~!おいで戴けるなんて、大感激です。何て嬉しいクリスマス・プレゼントでしょうか、おいで戴き、本当に有難う御座います。
     
     お熱の方ですが、朝には多少よくなるものの、仕事で駆けずり回っている間に、再び熱が出たりして厄介なことになっています。インフルエンザの予防注射は打ってあるのですが、何なんでしょうね。熱が収まりそうもありません。きっと早く帰りたい病でしょうか。それならばいいのですが、その上、私はどうも手を抜くことが出来ない性分で、実際にこちらに来ると、あれもこれもとつい欲張りになってしまいます。幸い当社はアメリカの住宅問題であるサブプライムローンに加担してはいませんが、ファンド部分に多少の不安を抱えたままです。アメリカから世界を見ると、実によく見えます。アメリカは一方の大きな加担者であるからでしょう。世界のどんな隅っこで、風邪を引いても直ぐに伝播する世界の経済状況です。如何に石橋を叩いて渡っていても、しょうがない時があるものでして、攻撃は最大の防御の通りで、奮戦するしかありませぬ。
     
     アロマを購入して参りましたが、よくよく見たら、部屋の中にもありました。これからじっくりお風呂タイムで、早くよくなるように頑張りたいです。夕ひばりさまのカキコがどんなに力強く勇気になったことでしょう。本当に本当に有難う御座いました!
     

  4. 文殊 より:

             風音さま
     
     熱い応援メッセージを心から感謝致します。まだ直りませんし、逆に今日病院行きを進められましたが、行ったら最後出て来れないような怖さがあって、出来ればパースまでは何とか我慢したいところです。インフルエンザの予防接種を受けているのですが、風邪だとしたら、新しいウィルスなんでしょうか。少々不安ですが、もともと頑健な体質ですから、動いているうちに治って来るかも知れませんね。
     
     本当に夕ひばりさんのカキコは嬉しかったです。つい声を出して歓んでしまいました。私にとって最強のお二人に元気を戴いたのですから、やすやすとへこたれていられませんね。本当に有難う御座います。尚今回残念なことは新婚なのに、妻とクリスマスを過ごせそうにないことです。かくやと思い、イヴにはクリスマス・プレゼントが届くようになっておりますが、毎朝電話をして話しております。妻の体調は至って元気で、安心しております。アロマを部下に申し付けて購入致しました。これからアロマ湯で、夜景でも見ながらゆっくりとし、早めに休もうと思っております。なかなかブログ散歩が出来なくて御免なさい。ここ最近出している記事は大西洋上で書き貯め、下書きにしている部分です。このニューヨークとボストンが今回の山場ですから、精々頑張りたいと思っています。いつもながら風音さまの友情に、こころの底から感謝申し上げつつ!
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中