新年の準備と大晦日

                     繭玉繭玉たこ絵

 

                    新年の準備と大晦日

 

                                トシ神への準備

 

 正月事始はその準備に入る日のことで、今では祇園町の芸妓さん達の「事始め」だけが有名になっているが、今日はその準備について少し詳しく書こうと思う。正月事始とは、煤払いなどの準備のことであったが、それだけでは正月事始にはならない。十二月十三日から、正月への準備に入ると言うものだからである。餅搗き・床飾り・松迎え・年木樵・晴れ着の支度・年末供など結構多やることが多いのである。農耕民族である日本人が、五穀豊穣をもたらせてくれるトシ神さまを、ここで遺漏なくお迎えしなければならない。門松を立てるのは、お正月さまと言うトシ神さまのヨリシロ(目標物)だから、疎かには出来ない。玄関先に張る注連縄は、正月さまが来ていると言う記しで、注連縄のうちなる場所は清浄なる聖域である。そうして新しい干支の年男が、山に入り松の木を伐って来る役目につく、これを『伐木』とも『松迎え』とも言う。古くは、十二月十三日正月事始の行事の中に取り入れられていたが、今はクリスマス・ムードが全盛で、すべて正月の行事はクリスマス明けになっている。果たして日本人はいつからクリスチャンなったのだろうか。或いは正直に言えば節操がなくなった証拠なのであろうか、まぁまぁケチをつけることはしない。

 トシの正体とは稲のことで、古来から延々と続く稲作文化であった日本の象徴である。正月を迎える為に張るシメナワは、トシナワ(年縄)とも言い、今では年の市で売り出されている。昔は、年男が夜中に一人で、トシナワを綯(な)ったと言われている。そしてこのトシナワを身につけていれば、災厄を逃れることが出来たとも。今では身につけないで、家に注連縄を張り巡らせ、神迎えの為の清浄なる場所として定着していよう。年棚(トシダナ)と言って、正月さまのトシ神さまを迎える為の新しい棚を設ける習慣もあった。又その棚の隅々に、疫神さまの座をも作り、悪疫も一緒に御祀りし、悪疫に退散して貰う習慣もあった。

 お正月の料理は「おせち」と言うが、一種の保存食で、主婦がする労働を休められる意味だと信じられている。実はこれは新年にやって来るトシ神さまへのお供えであって、正月三が日これを食べると言うことは、新しい節(せち)を迎えるにあたり、トシ神さまと一緒に食べるところに意義があり、だからこそ大切におせちを扱うのである(三日鯛と言って鯛の焼き物を三日間食べないで見詰めるところもある)。おせち料理の中に必ず入るものに、ごまめ(田作り)があるが、春になって田を耕す時のお祝いの魚とされている。他にヤツガシラ・サトイモなどの芋類は、大昔の日本人の食生活の中心であった名残なのであろう。農耕民族の誇りと言ってもいいではなかろうか。おせちにはすべて言霊(ことだま)信仰があり、蓮は見通しがよいとか豆はマメに働けるようにとか、殆どそんな意味合いが籠められている。

 床の間に掛け物を飾り、華やいだ花瓶に正月用の花を挿し、壷など正月にふさわしい置物を置くことが肝心である。正月の為の餅搗きは、例年十二月二十五、六日頃から始まる、二十九日は苦餅と言い嫌い、大晦日は一夜餅と言って避けている。ところが最近のお餅は機械で搗いたり、賃餅と言って餅米を持ち込み、米屋とか菓子屋さんに予約し依頼して搗いて貰う。そうかと言えば、多分大半のご家庭では、出来合いのお餅を買って来て済ませてしまう例が多いが、嘗ては、一家総出で、使用人や親戚一同も入れて、賑やかに餅搗きをしたようである。

 

                             大晦日の夜

 大晦日、つまり十二月三十一日の夜は、年越し・大年・除夜・年夜(としや)・年一夜(としひとや)・除夕(じょせき)・おおつごもりとも言われ、いずれにせよ、今年から来年へ、年の変わり目を迎えるのが、大晦日の夜の重要なことである。大晦日とは、午前零時のように思われているが、昔は日が暮れれば一日の終わりで、年棚に灯りを点し、神饌を供え、家内がうち揃って、祝い膳についたものである。この時食べるのが、年越し蕎麦だが、豆腐とコンニャクを串刺し、焼いて甘味噌をつけて、いわゆる田楽を食べる地方もあって、必ずしも蕎麦だけではなかった。但し蕎麦は長生き出来るようにと、これも言霊である。

 寺々で撞く鐘を、除夜の鐘と言い、百七個までは零時まで打たれ、午前零時をもって最後の百八個目が打ち鳴らされる。最初の五十四個は強く打ち、後半の五十四個は優しく打たれる。人間世界にある百八の煩悩の一つ一つと破られ、新年を迎えると言う。まさに日本独特の習慣であろう。独特と言えば、本来は除夜の鐘が鳴り終わると同時に、真っ先に除夜詣、或いは年越し詣が始まり、それを受ける神社・仏閣への参拝が始まる。一年の無事息災を祈る為だが、最近は初詣と言うような形に大半がなっている。初詣では『二年参り』とも言われ、大晦日の晩から元日の朝までのお参りのことを言う。神社で焚かれる御神火から火種を頂いて来る(八坂神社の朮詣=オケラ詣など)為だとか、宵のうちから出発し、明け方のトシ神さまをお迎えする為だとか言われている。或いはトシの神さまが来られる方位の神社に参拝に行くとか、諸説がある。いずれにせよ、我々の時代に消滅させてはならない大事な行事の一つではあるまいか。

 トシ神さまとか正月さまとか、今では死語になりつつあるが、果たしてそれでいいのだろうか。それらは迷信とか俗信とか言われて久しいが、八百万の神々への信仰も薄れて来ている昨今、それはどこかがおかしいと筆者は信じて疑わない。何故かと言えば、トシとは稲魂(いなだま)さまのことで、五穀豊穣と家内安全をもたらせてくれる大切な神だからである。きっと多くの場合災厄の防止にもつながっているように思う。そうして最も大切なことは、迷信とか俗信とか言われる行事を通じて、我々は自然に自然への恩恵の心とか自然への畏れとか、天然自然に対する絶大なる畏敬と信頼と恩恵と愛惜の念が、深く密かに強かに日本民族に潜んでいるからであって、何もただひたすらに無知蒙昧になれと言うのではない。このような素朴で厳粛な独自の文化を疎かにしていて、真の独立国家には決してなれないと言うことを私は信じて疑わないのである。

 

 ( 現在ニューヨークはクリスマス・イヴの真っ最中である。イヴェント会場を除外すれば,意外と静かなイヴである。明日クリスマス休暇のさなか2,3の仕事を終えてから、シドニー経由パースまで行く.。熱は已然下がっていない。本来なら既に病院に行っているところであろうが、我慢をしよう。帰国したらケロリとなるかも知れない。そんな経験がなかったわけではない。欧州の時差は日本より8時間遅い。ニューヨークは更に半日遅い。次に行くパースは夏時間である為に、日本時間と全く同じだったと思うが、一気に日本との時差がなくなり、その上気温差に限りなく体力を使うことになるだろう。厳寒のニューヨークから真夏のパースだからである。身体には自信が持てないが、これが仕事である。毎日電話で交わす妻との会話と皆様から戴いたコメントが元気の素になっているようである。愈々押し迫ってきた。もう少しだ、頑張ろう!)
 
混沌の町
 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

新年の準備と大晦日 への4件のフィードバック

  1. 道草 より:

    昨夜は帰国中の次女が来ましたので、3人で近くのレストランにてささやかながらイヴのパーティをしました。クリスチャンでもないのに、と指摘されそうですが、それは置いといて久し振りの親子の歓談に花が咲きました。正月には長女も来る予定で、2人の旦那も合流することになっています。今日はクリスマスの日。我々は特に何事も無く、年末の気忙しさが日々募るばかりです。硯水亭Ⅱさんの帰国も間もなくで、香の君のお顔を見れば忽ち熱は・・・上がるかも知れませんネ。日本に着くまでに平熱に戻しておいて下さい。下記は「冬の実」に掲載したものです。もし飛行中に退屈を召されたら、と思いまして掲示しました。失礼の段はご容赦の程を。どうぞ無事にご帰国下さい。
     
    年の瀬遠望   
     一九九九年も後一か月足らずとなった。この大晦日は、新世紀へのカウントダウンに絡んだ行事が各地で計画されている。京都でも、鞍馬の火祭りや五山の送り火まで協賛するらしい。今年の年の瀬は、世界各地で特別に騒がしいようである。 二年前に還暦を迎えた私には、六十二回めの年の瀬になる。まだ現役なので年末近くまで仕事をした後も、家の掃除や片付けなど何かと忙しい。正月を控えた年の暮れが楽しかったのは、遠い子どもの時代である。そういえば、家で餅搗きをしなくなったのはいつのころからだろうか。    紅殻格子の奥から一日じゅう聞こえていた機の音が止む。狭い道路の両側に軒先を接する西陣の町並みが静かになった。普段はすぐ近くを走っているのに、北野線の市電の音は早朝か夜しか聞こえない。そのチンチン鳴る警笛と堀川中立売の鉄橋を曲がる車輪の軋みが、昼間でも聞こえるようになると年の瀬である。いつも食べ物の良い匂いでいっぱいの堀川京極が、一年で最も賑わう時期だった。赤紫色の堀川の流れが、一条戻橋の下辺りで少し細くなる。映画街の西陣京極は、正月映画の看板に化粧直しを始めた。 注連飾りを頭に載せて歩く大原女の呼び声が、一段とよく通る。正月用の花を売るのは白川女だろうか。酸茎専門の上賀茂女も来たが、私には区別がつかなかった。比叡山が早くも薄く雪化粧をしている。あのころは、師走に小雪がちらつくこともよくあった。 周辺に親類が何軒もあって、ほとんどが西陣織を家業としている。母方の祖母も路地の奥の家で小さな機を一人で織っていた。いつも、古い円筒型の缶から花林糖を二、三本出してくれた。それをもらうのが楽しみでよく遊びに行ったものだ。笑うと目尻の皺が優しく寄った。祖母といってもまだ六十歳前である。暖房も無い冷え切った冬の機織り場で、手の甲が皹になり痛々しかった。      従姉妹の美代子の家では、玄関を入った土間に天井まで届く織機が並んでいた。薄暗い裸電球の下で、叔父と叔母が鮮やかな手裁きで帯や反物を織っていた。近くに居ると機の音が騒がしくて話し声はまったく聞こえない。その横で、色とりどりの布の流れを私は飽きずに眺めていたものである。         昭和十年代も終わりに近づくと、警戒警報が頻繁に出された。従姉妹の家では帯や反物に替わって、国防色の軍服が織られるようになる。叔父は戦場の砲声でひどい難聴になり軍隊から帰っていた。            機が止まる二十九日に、彼女の家で我が家と共同の餅搗きをした。一年ぶりで、大きな石臼が小屋から台所の土間に運ばれて来る。耳がよく聴こえなくなった叔父は、それでも太い腕で軽々と杵を扱った。臼取りは母と叔母が交代で務めた。同い年の美代子と私は餅を丸める担当である。私の弟や彼女の二人の妹たちは幼くてまるで役に立たず、病身の父は米を蒸す仕事を受け持っていた。 その当時の配給米は少なく、両家では小さな餅が一人十個と決まっていた。正月三か日の雑煮に入れると幾らも残らない。それでも、最初の臼が搗き上がるのを待ちかねて、熱々の二個を黄粉に塗して食べた。すでに砂糖は姿を消していて、黄粉だけの薄い甘味でも、思わず目を瞑るほど美味かった。二歳の弟らと同じなのは不公平だと抗議しても、大人は誰も聞いてくれない。           杵を打つ叔父と臼取りの母たちの掛け声が響き、子どもらの賑やかな歓声が上がる。三段重ねの蒸籠から蒸気が天井へ勢いよく上って行く。一年で最も楽しい日は、いつも時間の過ぎるのが早かった。             翌日は織機の煤払いを手伝わされた。楽しいはずがなく、隙を見ては美代子と裏庭の木戸から妙蓮寺の境内へ抜け出した。塀のすぐ外が寺で、綾取りや石蹴りで遊んでいると、「もうちょっとやし、しんぼしよし」と叔母にすぐに呼び戻された。大晦日に母が煮染めを作って彼女の家へお裾分けすると、後は正月を待つだけである。          昭和十九年に私は国民学校へ入学した。その歳末は配給米が途絶え、ついに餅搗きができなかった。その翌年に強制疎開で堀川京極が消えた。私の一家も六月に丹波へ疎開した。その後、美代子の家で共同の餅搗きをすることは、もう二度と無くなった。
     この半世紀の間に、私や従姉妹の両親は世を去った。織屋の跡を継ぐ者はいない。古い町並みは建て替えが進み、昔の面影は消えた。注連飾りや生花を売る大原女たちも見られなくなった。郊外の我が家の周辺は新しい家が多く、最近は暖冬続きで年末の風情には乏しい。それでも、また年の瀬は巡って来る。                        
     

  2. (Kazane) より:

    硯水亭さん、まだ熱が下がっていないのですね。体調がすぐれないときは、ゆっくり休むのが一番なのでしょうが、それが出来ないだけに、ツライですよね。その上、厳寒の次は真夏だなんて…。できるだけ休息をとって、大事になさってくださいね。 新年の準備と大晦日…、読ませていただき、何だか背中がピンと伸びた気がします。本当に、日本の四季折々の行事、大切にしていきたいな…と。 早く体調が良くなるよう、遠い地でお祈りしています。 

  3. 文殊 より:

               道草先生
     
     お陰様で、随分よくなりました。インフルエンザの方はようやく撃退したようで、隔離されていたのがようやく解除されました。これまで多くの方々におあいして、もしやインフルエンザを移していないだろうか、気に病んで仕方がありません。多分パリかリヨンで感染したのでしょう。いつの間にか真夏の太陽にも身体が慣れて来たのでしょうか。もう少しの辛抱です。後は肺炎の症状をよくするだけです。先生のお宅では、皆さんがお揃いで、さぞかしお賑やかでありましょう。冬の実をじっくり読ませて戴きますね。短くて済みません。

  4. 文殊 より:

          風音さま
     
     ブログ散歩もままならず、ようやく隔離病棟から今朝開放されたばかりです。後は肺炎の処方だけです。それも随分よくなっているようで、見込みは1月10日ぐらいの退院だったのですが、多分少々早くなりそうです。早く元気な姿で、日本に帰って、妻に逢いたいです。逢いたくて逢いたくて、時々気が変になりそうでしたが、妻の方は冷静で頑張ってくれましたので、少しは楽になりました。それでも妻は淋しかったはずで、まとめて出来るかどうか分かりませんが、妻孝行をしたいと念願してやみません。
     
     ここフリーマントルは港町で、潮風が吹き渡っています。南極観測船の「しらせ」でしょうか。南極に向かう折、この港町に寄港し、色々な物資を補給していったようです。帰りは残念ながら、シドニー経由で帰るらしいのですが、僕も早く帰りたい。こんなに望郷の念が強かったのは、多分生まれて初めてかも知れません。風音さまも、暮れで何かとお忙しいことでしょう。お身体には充分お気をつけ下さいね!有難う御座いました!
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中