除夜の鐘

梵鐘

 

 

 

                                                     除夜の鐘

 

 

                                   百八の鐘の音

 百八声(鐘を百八回打ち鳴らすこと)は大晦日に限らず、毎日朝晩に鳴らすのが本来なのですが、普段は略して十八声に留めているのが現状です。暁鐘は夜の眠りから醒ます為、晩鐘(昏鐘=こんしょう)はこころの闇を醒ます為、そして各寺院では修行僧に対して集合を伝える為にも、大鐘(梵鐘)と小鐘を撞く習慣があります。

 除夜とは、徐日(じょじつ=旧年を取り去る日)の夜の意味で、大晦日の夜のことを指して言います。この夜は一年の最後の夜と言うことで、いつの頃からか特に除夜の鐘と言うようになったのでしょう。鐘の数を数えるのは、数珠を使ったり、百八の豆を準備して行われます。鐘を撞く前後には、必ず合掌合拝してから、撞木(しゅもく=鐘をつく丸木)を握ります。百七声は旧年に、残りの一声は新年に撞き、最後の一声は旧年送りをする宣命(せんめい)と言います。新年に撞かれる一声は、新年迎えの警策(けいさく)とも言います、又五十四声は強く撞き、残りの五十四声は優しく撞きます。鐘の数は、インドでは百二十だと言う説がありますが、百八の方式とは中国に始まったものではないかとの説が有力です。

 

                                   罪業消滅の鐘

 百八と言う数の由来にも諸説ありまして、それは煩悩(ぼんのう=人間の心身を苦悩させる精神現象)の数を示し、除夜の鐘はすなわち大晦日の夜半、昔で言うと正子(しょうね)の刻から、諸処の寺で撞かれる百八の煩悩を除去する考え方が圧倒的です。百八の煩悩とは、人間の持つ無数の苦しみのことですが、概念的ではなく、実際に算定基準があるのです。人間には感覚や意識を生ずる六感がありますが、その六つの根元である眼・耳・鼻・舌・身・意の六根があります。この六根は、総じてあらゆることを引き起こす感覚や思慮作用を起こす元だとされていて、それを「境(きょう)」と言います。眼による認識を色境、耳による音声を声境、鼻による香りを香境、舌による味を味境、身体による触覚を触境、意識によるものを法境と、それぞれをそのように呼び、六境と言われています。六根が六境に対する時、必ず無関心か好きか嫌いがあります。それを「好・悪・平」の三つの感情が働き、十八の煩悩が興ります。更にその煩悩から、「苦・楽・捨」と言う三つの意志を誘発し、更に十八の煩悩が出て来ます。合わせて三十六煩悩は、過去・現在・未来の三世に現れ、通算して百八になると言うのです。この百八の煩悩の一つ一つを消滅させる為に除夜の鐘を撞くと言うのが、殆どの日本的な風習となっております。罪業消滅の為に撞くので、撞きながら必ず「般若心経」か「観音経」を唱えながら撞くのが習いです。

 

                                  一年の無事息災 豊年祈願の鐘

 又百八と言う数は、一年を表象すると、別に中国の儒教思想からの見解があります。一年は十二ヶ月と二十四気(節気)から成り立っています。二十四気とは中国伝来の季節を示す用語であって、一年を三百六十日(旧歴法)を二十四等分した十五日を一気にします。(太陽年を太陽の黄経に従って二十四等分したと言う説もあります)、二十四気とは『立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・立冬・小雪・大雪・ 冬至・小寒・大寒』で、現在でも多くの暦や日記などで見受けられ、短歌や俳句の季語や季題として親しまれています。その二十四気と十二ヶ月を加えると三十六となります。更に時候の変化を示す為に、旧暦では五日間を一候とします。従って三候で、一気(十五日間)になります。この一気は前述の二十四気の一気に相当します。六候が三十日、つまり一ヶ月となります。一年十二ヶ月は、六候の十二倍だから、七十二候になります。十二ヶ月・二十四気・七十二候 それらを加算すると百八となるのです。尚予断で恐縮ですが、「気候」と言う熟語の言葉は、春夏秋冬の四季と七十二候から出て来た言葉だと言われています。十二ヶ月、二十四気、七十二候は旧暦の持つ大きな要素ですから、年初の元旦に総和数の百八の鐘を撞き、その年の災厄逃れと家内安全と豊年満作を祈ると言う説もあると言うことです。

 

                                   鐘の話

 鐘は本来、時刻や集合を知らせる為に鳴らされました。煩悩を消し去るとか、無事息災を祈る為に鳴らすのは日本独自のものです。然し一方で百八の鐘は 中国の唐代の禅僧・百丈懐海(えかい=720~814年)が制定したとされる説があります。四方八方に鳴り響く梵鐘の法音に耳を傾け、それを聞く人々がこころ暖かい仏心を呼び起こす考え方の寓話に次のようなものがあります。昔、中央アジアに安息王がいました。ケニタ王軍を討とうと大軍を率いて出陣し、激戦を繰り返しました。その結果大敗を喫し、王はこの戦いで九億の人々を殺戮した罰で、無間地獄に落ちようとしましたが、この時馬鳴菩薩(ばめいぼさつ)の説法を聞き、危うく地獄行きを免れ、千の頭を持つ大海に棲む魚に生まれ変わったのでした。ところがこの王の魚に利剣が飛び込んで来ました。千頭の首が、次々に切り落とされてしまいます。然し幾ら切られても首は直ぐに元通りに再生します。でも海面に浮かんだ頭は数知れず、魚となった安息王はその痛みや苦しさに悶え苦しむのです。そして助けを求めたのでした。それを知った一人の羅漢は鐘を打ち始めたのです。するとどうでしょう。その鐘の音を聞いているうちは、王の痛みは薄らぎ、七日目にはすっかり苦しみから解放されていましたとさ。日本での鐘の起源は、欽明天皇の二十三年(562)八月に、大将軍・大伴狭手彦(さでひこ)が、高麗(朝鮮)に遠征した時に、多くの戦利品とともに、三口の銅鋳鐘を持ち帰ったのが最初と言われています。日本で鋳造された最古の鐘は、京都・妙心寺に現存し、文武天皇二年(698年)に鋳造されたものです。

 除夜は、又「年の夜」とも言われるだけに、多くの方々には何らかの思い出があるのでしょう。 私の場合は結婚をし、本当に最良の年となりました。新しいイノチを授かり、未だ12週を過ぎたばかりかと思われます。来る年の夏には、新しい家族が出来て、新しい生き方が始まるだろうと思われます。今年の最後にこうしてズッコケテしまい、不覚にも肺炎まで併発してしまいました。情けない話であります。でも電話口で話したCEOとのお話し合いで、お陰様で5月早々に、この忙しい仕事から退職が出来そうです。その後櫻山建設という大きな第一歩が待っています。私も後の厄年が今年で終わり、ちょうどいいのでしょうか。是非又皆様のご協力を得ながら、新しい仕事に打ち込んで参りたいと密かに決断しているところです。皆さまにおかれましても、どうぞよいお年が参りますように、こころから祈念致しております! (真に済みませんが、しばらくの間お休みを頂戴させて戴きます!合掌)

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

除夜の鐘 への4件のフィードバック

  1. みつえ より:

    硯水亭さま
    ここ数日 自分のことにかまけてお尋ねしませんでしたら インフルエンザ 肺炎でダウンとの記事
    拝しまして さぞお辛いでしょうにと。なにより 初めてのお正月を最愛の奥様とお迎えできないことがです。
    けれど 何が幸いするかわかりません 可愛いおなかの赤ちゃんの為にもね・・・。
    ゆっくり養生くださいませ。
    お返事などお気使いなさいませんように。
    Blogの再開楽しみにいたしております。
    今年もなにかと お心づくしいただきありがとうございました。
    こころより 感謝申し上げます。
    そちらの地にても 良い年越しとなられますように お祈りいたします。
     

  2. 文殊 より:

           野の花さま
     
     不覚にもかくのごとくになりまして、お恥ずかしい限りです。やはり生身なんですねぇ。つくづく感じ入りました。この除夜の鐘は無理を言って、書き溜めていたモノを、隔離病棟からアップさせて戴いた分でした。今日ようやく隔離病棟から、一般病棟に移りまして、日に日に元気になりつつあります。お見舞いの社員もパソコンも電話も出来るようですが、まだ平熱に戻っていないので、用心しないといけませんね。
     
     こちらは真夏です。クリスマスの飾りも、どうも違和感がありまして、我々にはピンと来ないのです。従ってお正月もピンと来ません。ましてや病院ですから、どこだったかにクリスマスとハッピー・ニュー・イヤァーの張り紙があったような気がしますが、やはり日本の正月が一番です。早く帰れるよう頑張ります。
     
     又野の花さまには、今年も多くの慈愛を戴きました。感謝してもし切れません。しかも深く優しい慈愛であったと思っています。心から深く深く感謝申し上げます。どうぞきっと良いお年をお迎え下さるよう、真夏の潮風が吹くフリーマントルから祈らせて戴きます。有難う御座いました!
     

  3. 道草 より:

    「火繩いりませんか。火縄買うておくれやす。一本二十銭、一本二十銭。」と叫びたててゐる有様は壮顴といふよりはむしろすさまじいものである。その火繩は、檜から鑽り出した火に白朮(おけら)を加へた所謂白朮火をうつして各自の家に持ちかへるためのものであるんだが、今年は一本二十銭に値上がりしてゐる、そんな所にも世の動きといつたものが見えて面白い。(中略)三々五々流れて行く火繩の輪の美しさ。それははかない夢のやうな美しさではあるが、どこか原始につながる素朴な美しさである。消すまいとして人々が打ち振る火繩のにほひが、一層このはかなさをかすかなものにする。……その輪が大きければ大きい程、丸ければ丸いほど、來るべき年の喜びも大きくまたさやりないもののやうな氣がして……「續京都風土記」大塚五朗/昭和18年発行」。今年もいよいよあと僅かとなりました。体調は如何でしょうか。快方に向かっておられるとのご様子、何よりとは存じます。今年は硯水亭Ⅱさんにとりましては、まさに記念すべき1年であったことと思います。年末年始は図らずも異国の地で送られることに相成りましたけれど、この事は来るべき飛翔の年への助走として、来年はお2人にとって至高の1年であることを祈念致しております。京都市内は昨日の小晦日に初雪が降りました。北山の方向も雪の下です。今冬の寒気はこれからですが、来るべき春には一層の花爛漫と美しく咲くことを、重ねて期待致しております。
     
    「大晦日」   良寛
    うつせみの   仮のうき世はありてなき   ものと思(も)へこそしろたへの   衣に変ふるぬばたまの   髪をもおろすしかしより   天つみ空にゐる雲の    跡を定めず行く水の    そこともいはずうち日さす   宮も藁屋もはてぞなき   善けくもあれ悪しけくも   あらばありなむ思ひし身の   なぞもかく思ひしやまぬわが思ひ    人知らなめやこの心     誰れに語らむ語るとも    言ふとも尽きぬ荒磯海(ありそみ)は    深しといへど高山は     高くしあれど時しあれば尽くることし  ありとふものをかにかくにも  尽きせぬものはわが思ひはも            世の中に門(かど)鎖(さ)しありと見ゆれどもなどかおもひの絶ゆることなき

  4. 文殊 より:

           道草先生
     
     お励ましのお言葉を頂戴致しまして、こころから有難う御座います。再び臥せっておりましたが、漸く元気になったようです。きっともう大丈夫でしょう。肺炎の方もかなり改善されて来ていると聞いています。今回は全くトンでもない結果にあいなりまして、お恥ずかしい限りです。ご心配をお掛け致しまして、本当に済みませんし申し訳ありませんでした。ご迷惑もお掛けしております。私はこれからモリモリ食べて元気になりたいと存じます。
     
     先生のお宅では皆様が全員揃って、さぞや素敵なよいお正月だったことでしょう。いつもは離れていらっしゃるお嬢様たちが帰っていらっしゃれば、どんなに先生がお喜びになられておられるか、ほぼ想像出来ます。日頃静かな先生のお宅がたくさんの笑い声で、幸せが溢れるばかりに満ち溢れたことでしょう。よかったですね。遅まきながら、私たち夫婦も遅い正月を早くしたいと存じます。
     
     白朮のことと言い、情感たっぷりな先生の文章にどれだけパワーを戴いたことでしょう。やっぱり日本人なんですね、私は。それもこれも合わせて心から感謝申し上げます。有難う御座いました!ペコリ!
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中