節分から立春大吉へ 清々し

              立春大吉節分草

                                            みつゑさんの字と節分草

 

 

                                  節分から立春大吉へ 清々し

 

 節分とは立春・立夏・立秋・立冬の各前日をいうが、今では立春の前日だけが残っている。この立春の日をもって新しい暦が機能するからであり、人各々の方角や運気ががらりと変わる。四つの節分で最も重要な日であったから最後まで残ったものとも言える。四柱推命・易学・気学など占星術では最も重要な日となっている。今年は一白が中央にあり、六白が北の方角にあるから北が暗剣殺で、真反対の南には五黄の五黄殺があたる。そして南南東が恵方にあたると言うことになる。元々中国伝来の行事であって、節分は言わば大晦日にあたり、立春は正月であった。(近年恵方巻きと言われる海苔による太巻が流行っているようだが、古式には全くなく新しい行事であり、大阪・船場の海苔業者が始めたものであった。効果があればいいのだが・・・・・・。)

 節分の日には、新たなる神々を次の日の立春に招聘しなければならないために、事前に色々な邪気を祓っておかなければならなかった。鬼やらいとか追儺(ついな)と言われ、特に宮中では大祓いが大掛かりに行われていた。悪鬼・疫病などの厄祓い行事(古くは中国に始まった儀式で、疫病・災害、陰気・寒気を鬼に見立てて追い祓う。道教・陰陽五行思想=陰陽道の影響が色濃い儀式)が元となっており、次第に民間でも行われるようになったものである。季節の節目には邪気が入り易く、正義の魂が宿る豆を鬼に向かって撒き、邪気が入らないようにした。ヒイラギの枝に臭く鬼が大嫌いな鰯の頭を挿して門口に飾ると、邪気が入りにくくなる。そうして次の日の立春は言わばお正月にあたり、新しく暦が始まるのである。佛教では東大寺などで特別に修正会(しゅじょうえ)と言われるお正月にあたる法要が執行される。時季は若干ずれるが大分県豊後地方・天念寺などでは『修正鬼会(しゅじょうおにえ)』と言われ、大掛かりな鬼退治や法要が行われる。更に修験者の総本山である吉野の蔵王堂では日数心経が唱えられ、星供秘法・鬼の調伏式に引き続き、採灯大護摩供が厳修され、そして福豆まきが行われる。節分には古来神道的要素が強いようだが、神佛混交の多くの社寺では節分や立春の行事が大変に重要なお祭りとなっている。但し伊勢の神宮では節分は特別に挙行されていない。伊勢の神宮こそ国家守護主体で、稲魂さまを本位にしておられるからだろうか。(成田山・新勝寺では鬼はうち、福は外と言い、御寺のご威光を示している。吉野の蔵王堂では鬼はうち、福もうちであり、山形などの或る地方では一般家庭でも鬼はうち、福は外であり、民間信仰の範疇で何時の間にか地方によっていいように改竄され変遷したものであったのだろう)

 又節分の日に、奈良・春日大社では『萬燈籠(まんとうろう)』が行われ、旧年から新年へとすべての燈籠に明かりが灯される。更に忘れてはならないのは立春の日に、あの赤穂義士の四十七士の面々が切腹なされて果てた日で、うちの近所の泉岳寺では『義士忌』が行われ、一日中お線香の香りが絶え間なく流れることであろう。それと余談だが、俳句では節分は冬の季語であり、立春は春の季語となっている.。

 今週末の私は海外からの来客のために、まだ京都に行けないのだが、明日の夜遅くには新幹線で妻のもとに帰ろうと思う。月曜日・立春の日がちょうど戌の日にあたり、その日妻のお腹に岩田帯をつける予定になっている。オトコって何ぁんにも出来ないことが多いけれど、それは概ねお義母さまにお任せして、少なくとも愛する妻のもとにいてやりたいと念じている。ただでさえ最も好きな四文字熟語・『立春大吉』なのに、私にとっては生涯忘れられない立春の日と相成ろう。同時に皆様方のご幸運を心からお祈り申し上げたい。

  鬼やらい神事 岩清水八幡宮の桃弓式     大分・天念寺の修正鬼会  天念寺の修正鬼会

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

節分から立春大吉へ 清々し への6件のフィードバック

  1. (Kazane) より:

    硯水亭さん、こんばんは。立春大吉…、何だか元気が出てきそうな力強さを感じます。硯水亭さんにとっては、今年は特別な日なのですね。雪を楽しみにしてしまった私ですが、新幹線が遅れたりしないよう、お祈りしなければいけませんね。ぜひ、奥様と幸せなひとときをお過ごしください♪ 硯水亭さんの文章を読ませていただくと、季節ごとの行事を大切に暮らしていきたいな…という気持ちが強くなります。いつも、いろいろ勉強させていただき、感謝です☆ 

  2. 文殊 より:

           風音さま
     
     今晩は!立春大吉って、本当にいい言葉ですよね。何かこう盛り上がる希望の煌きが見えるようで、大好きなんです。
    僕の「和」に回帰する原点は永い海外生活でした。海外のモノに憧れて、いざ行ったはいいのですが、ふと考えると日本人として、
    根無し草を考えることが多かったですね。そんな時ラフカディオ・ハーンの文章に出逢いました。島根に赴任して行った時のことですが、
    ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は、先ず出雲神社に行かれました。何の教義も持たない神道の宗教に、只ならぬ神聖な雰囲気を感じたと。
    その森閑な状況と言い、神々の深い滋味に溢れ、いかにも清浄なモノを感じたのでしょう。それからご存知の通り日本通になったのですが、
    彼は何と大学を出ていないのです。中学もろくすっぽ行かなかったのですが、日本の研究だけで、晩年東大と早稲田で講義をしている
    のですが、とてつもない人だと思っています。少なくともハーンの心境になりたいというのが僕の最初の発想でした。
     
     ここには専門的なことは一切書いていないのですが、それ以来ずっと「和」について勉強し果てしない旅を続けています。
    今の日本人にとって、軽薄になっていないか。本来ある日本人の美徳をどこかに置いて来ちゃったのではないかと危惧しています。
    そういう反省もありますが、新しい創造は意外とこの努力に潜んでいるのです。四季折々の繊細な行事をこと細かに精査し学んで行く。
    批判はともかくしっかりと歩いて参りたいだけです。僕の場合は昔の民間の習俗や習慣の研究から入りましたが、その集大成は、
    多分これから始まる櫻山の建設だろうと信じています。風音さんと是非ご協力を得ながら、これからも頑張って行きたいものです。
     
     明日の夜、再び妻と一緒です。どんなに楽しみでしょう。新幹線に何とか動いて戴いて明日のうちには京都に入れますように!
    又どこかの神社によって来るでしょう。風音さんのお幸せも必ずお祈りしてこようかと心に刻んであります。今夜もおいで戴き、
    本当に有難う御座いました。ペコリ!
     

  3. 道草 より:

    明日は立春。しかし春風とは名ばかりで、底冷えのする正に春寒料峭の昨日今日です。「踝に沁む春寒の大畳」(久米正雄)。とは申せ、やはり立春の声を聞くだけでも、何となく気分は華やぐというのも人の情ではあります。陰暦なら睦月如月弥生が春。立春大吉の札を貼るのは禅寺ですか。写真にもありますように、縦書きにすると左右対称になって1年間の厄除け効果があるとか。昔、週刊朝日に源氏鷄太の「立春大吉」という小説が連載されといました。主人公の名前です。森繁久弥主演(瑞穂春海監督)で映画化もされているはずです。「立春」が過ぎて 直ぐ「雨水」が来て それから虫が目を覚ます「啓蟄」が。 そして、あの春爛漫とした満開の櫻の時期がやって来るのでしょう。しかし、それはまだ少し先のこと。 硯水亭Ⅱさんご夫妻には「立春大吉朗報ありて浮かれけり」(石岡祐子)。というところでしょう。「ことしの東京の春は、北国の春とたいへん似ています。雪溶けの滴の音が、絶えず聞えるからです。上の女の子は、しきりに足袋を脱ぎたがります。ことしの東京の雪は、四十年振りの大雪なのだそうですね。私が東京へ来てから、もうかれこれ十五年くらいになりますが、こんなに大雪に遭った記憶はありません。雪が溶けると同時に、花が咲きはじめるなんて、まるで、北国の春と同じですね。いながらにして故郷に疎開したような気持ちになれるのも、この大雪のおかげでした。いま、上の女の子が、はだしにカッコをはいて雪溶けの道を、その母に連れられて銭湯に出かけました。」(『春』太宰治) 。東京では明治16年(1883年)に46cmも積もった記録されています。太宰のこの短編その時のことかも知れません。京都は昭和28年(1953年)の41センチが新記録です。それに比べますと、最近は雪が少なくなりました。昔は春先ともなれば、牡丹雪・綿雪・帷子雪などの名残り雪が家々の瓦屋根や庭先をうっすらと白く染めたものです。まだ本当の春には少し間があります。思いがけない忘れ雪を期待して・・・。
     
    「春の雪」  伊東静雄
     
    みささぎにふるはるの雪枝透(す)きてあかるき木々につもるともえせぬけはひは
    なく声のけさはきこへずまなこ閉ぢ百(もも)ゐむ鳥のしづかなるはねにかつ消え
    ながめゐしわれが想ひに下草のしめりもかすか春来むとゆきふるあした

  4. Unknown より:

    硯水亭 Ⅱさん
    こんにちは♪降っていますね、かなり。でも新幹線は大丈夫そうですから、今夜は奥様のそばにいられるでしょう。立春の日に岩田帯をつけられるとのこと、素敵ですね。おめでとうございます。昨日、母と話していて、丁度長女がお腹にいた時のことが話題にのぼりました。あの年も東京に大雪が降ったわね、2月の戌の日に岩田帯を付けたっけ、あの時のことがついこの間のよう・・・等々と。硯水亭Ⅱさんのブログを読ませていただくと「初心忘るべからず」という言葉が頭を過ります。妻として、母としての・・・少し忘れ気味な時ももあるので(笑)ハッとして襟を正しています。

  5. 文殊 より:

            道草先生
     
     ただ今新幹線の中です。今朝から大変でした。社員総出までは行かなかったのですが、それでも大騒動で、降る雪にヤキモキしていました。お陰様で都心はビルの屋上に積もるだけで、路上は一度掃いたら後はビショビショ。水気の多い雪でした。もっと冬らしい雪であったら、幾らでも風情が出るというものですが、春の淡雪の程度でしょうか。それでも都心を離れると真っ白な銀世界!外人さんのお相手をしながら、箱根の温泉街へ行って来ました。後は部下に任せて、私はコッショリと山を下り、心は既に京都へ。昼社会人のラグビーの試合を見ていた社員に、花園ラグビー場の様子を伺ったところ降雪はなかったと。ヤレヤレと思いながら新幹線に乗ったのですが、それがところどころで徐行運転の有様です。それでも多分30分は遅れないでしょうか。何とか妻の下へ辿り着けそうな気がします。ほっとしてお弁当をパクついたところでした。
     
     先日夕ひばりさまのカキコの部分で大変失礼を致しました。よく先生のカキコを読んでから投稿すべきでしたのに、書き終わってさっさと投稿してしまってから、アレレ先生のカキコにケチをつけたような格好になっていまして、直ぐメールしようとしたのですが、時既に遅しで、本当に済みませんでした。他意はないとどうかご勘弁下さりませ!今後気をつけます。今年の春はどんな春になるのでしょうか。今からワクワクしています。去年はお遍路の旅でしたが、今年は妻のこともあり、あまり心配を掛けまいと思っています。静かに京都の春を楽しみましょうか。それもいいですねぇ。嵯峨野の籐右衛門さんち(屋号は植籐)を中心に、周山とか、なるべく人里はなれた場所に行きたいものだと思っています。そんなワクワク感を抱かせる今年の立春大吉です。京都に着きましてから、伏見の方角に向かって一献やりましょう。今宵もいいお酒になりましょう!
     

  6. 文殊 より:

             夕ひばりさま
     
     お陰様で新幹線は順調に走り出しました。今は?豊橋を過ぎた辺りでしょうか。もう直ぐ京都に着きますね。でも関が原辺りが心配ですが、徐行運転でも行ってくれることでしょう。毎回京都が近づくに従って、血の湧き出るような思いがします。何でしょうねぇ。可笑しな現象ですが、まだ若い証拠でしょうか。そしたら嬉しいのですが・・・・・。特に今回は妻の腹帯のお付き合いですから、他所の方から見ると可笑しなことでしょうね。でも私にしては一大事なんです。父は赤ちゃんはまだ動かないかとか、最近やたらと連絡して来ます。父は父なりに心配しているのでしょう。
     
     道草先生にお返事の欄で書き損ねましたが、立春大吉はよく禅寺に貼られていますが、実は立春の日一日は方角のよしあしがない一日なのです。禅では禅をする日がいつも大吉でして、方角を法力によって言わば無視するような感覚でしょう。方角の神様は猿田彦神社ですが、禅宗では猿田彦神社を比較的大切にされていらっしゃるので、面白いですね。立春の日一日中どの方位も大吉の日なんです。ですから方角の悪い方へ引越しをされたい方は立春の日を選ぶ方がいらっしゃるんですよ。面白いですね。お茶の八十八夜とか台風の二百十日とか、すべて立春の日から数えるんです。
     
     夕ひばりさんにはいつも素敵な空間と隙間にある見逃しがちな出来事を勉強させて戴いております。生活者の目線って、BLOGには大切だなぁとも思っておりまして、いつも尊敬させて戴いております。今後ともよろしくご指導下さりませ!まだ見ぬ子ともども三人を!
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中