新茶のこと

 

日月庵

 

 

 

                  新茶のこと

 

 

 長い連休でさぞやお疲れのことと存じます。どちらさまもお疲れ様でした。疲れたお身体には、先ず一服の新茶は如何でしょうか。我々日本人にとって、お茶は最も身近な存在であるものの、案外知られていない部分が多いようです。ここらでお茶をお出しする感じで、新茶のお話でも如何でしょう。お話は少々長くなりますが、お茶、特に季節柄新茶に絞って、お話を申し上げたいと存じます。特に今年の八十八夜は立春から数えて八十八日目ですから、五月一日でしたね。この日、童謡で歌われた「茶摘み」の日ですから、お茶との関係が深い日とご存知の方も多いことでしょう。 

 

    <新茶の摘み取りと栽培>

 新茶の摘み取りは、立春(二月五日頃)から八十八日目の五月初旬に摘み取られます。地域によっては多少のズレはありますが、その年に伸びた新芽のうち、この時期に採られるモノを一番茶と言って、最高の旨味を持っています。茶の旨味はテアニンと言うアミノ酸で、新茶はこれが多く含み、甘味と香りそして新茶の色、愛好者でならずとも、この時期のお茶を楽しみたいと言うものでしょう。一番茶の後は、六月下旬に摘む二番茶、七月下旬に摘む三番茶と、順次後になるに従ってアミノ酸の含有量が少なくなり、お茶の旨味も落ちて参ります。茶樹は、もともと温暖多湿の地が栽培に適しているとされていますが、我が国や中国の茶樹は、インドや熱帯の茶樹と異なり、低木で葉も小さく寒さに強く出来ています。とは言え 萌芽する四月頃に降霜があると、新芽は忽ち酸化してついに枯れ死してしまいます。従ってこの時期の茶業家は寒冷紗(かんれいしゃ=本の綴じ込み等に使用)を初めとし、茶樹の上にそれらを掛けたり、送風や散水、或いは茶園の空気を過熱して、防霜対策に余念がありません。

  新茶の中でも、碾茶(ひきちゃ=抹茶)や玉露(ぎょくろ)用のものは、摘採前の二十日くらいは覆いをして、九十五%程度遮光した中で栽培されます。これは新芽が伸び、三葉が開いた頃、ヨシズを張り巡らせ、四,五葉になると、菰(こも)などで覆ってしまう方法で、遮光することによって、茶葉に旨味と香りや柔らか味、そして若々しい緑色を保たせる為になされるのです。箱入り娘を育てるようなもので、取り分け玉露と抹茶用の濃茶用にはそうして育成された一心二葉までしか摘みません。薄茶用はその下の新葉が摘まれます。煎茶と番茶は覆いをせず、太陽の光をいっぱい浴びた茶葉のことですが、煎茶はその年に伸びた新芽が摘まれ、番茶は前年に伸びていた古い葉が摘採され、冬を越す為に、澱粉や糖分を多く含み、これはまた翌春に萌芽する新芽の栄養源になっているのです。従って新芽の頃はこの栄養分は大分失われているのですが、熱湯によって淹(だ)される番茶には特有の風味があり、煎茶とは風趣の違う味を楽しませてくれます。『鬼も十八、番茶も出花』と喩えに言われる通りなのです。

 

茶畑

 

    <お茶の歴史>

  ところで私達が日頃飲んでいる煎茶は、元文三年(1738年)宇治の永谷宗円によって作り出された製法で、玉露を初めとする緑茶は我が国独自のものです。中国伝来に釜炒り茶(生葉を直接釜で炒り、炉で乾燥させる製法。現在では九州の嬉野茶にこの製法が残っている)というのは、平安時代以来飲まれて来たお茶でしたが、江戸時代中期において日本人は初めてオリジナルなお茶を飲み方を始めたのでした。永谷宗円は、鎌倉時代入宋した僧・栄西がもたらせた抹茶(生葉を蒸して炉で乾燥し、それを石臼で挽き、粉にしたもの)の製法で、恐らくはここからヒントを得て創ったものだったのでしょうが、蒸された茶葉は揉むことによって一層旨味を引き出したと思われます。茶葉は揉まれることによって、その細胞が破壊され、一層の旨味を引き出されて来るようです。一般庶民の生活が劇的に向上した江戸中期以降、この緑茶が釜炒り茶に変わって主流を占めたのです。

  そもそも我が国の飲茶の習慣は、平安初期の入唐した僧によってもたらされたもので、茶を喫した嚆矢(こうし)の記録として『日本後記』の弘仁六年(815年)四月の条に、嵯峨天皇が滋賀の韓崎(からさき)に行幸した際、梵釈寺で大僧都・永忠より、茶(釜炒り茶と思われる)を献じられたことが書かれています。飲茶は更に、鎌倉時代に入って成立した禅宗によって大きく広がりを見せ、この頃になると、各寺院を中心に茶園が各地に作られるようになったようです。 

 鎌倉時代の執権・金沢貞顕の書状によると、新茶の到来を赦す一文(元徳元年)があって、本茶(京都・栂尾の茶)の新茶を待ち焦がれる様子が窺い知れます。この頃から唐物趣味とともに、茶は当初の薬用より、嗜好品として飲まれ始めていたことが分かります。当然一部の上層階級だけでありましたが、淋汗茶(りんかんちゃ)や闘茶(とうちゃ)と言った遊興的な飲茶を経て、室町時代に茶の湯が成立するようになったものです。 

 中世の風俗画には、寺社の門前で簡単な小屋掛けした茶屋とか担い茶がしばしば登場致します。参詣の人や道行く人が一服一銭の茶を購い、楽しげにお茶を飲んでいる様子が生き生きと描かれ、飲茶の習慣が一般庶民層にまで定着していったことがよく分かります。もっとも抹茶と言う上茶は高価だった為に、なかなか口にすることが出来ず、もっぱら釜炒り茶で、お茶の色彩は文字通り茶色だったのです。

 『お茶壺道中』と言うのが、江戸に幕府が置かれてから始まります。これは将軍家が宇治で新茶を茶壷に詰めさせ、江戸に持ち帰るもので、毎年行われていました。この為に特別な奉行がたてられ、茶を吟味する役目、道中遅滞のなきように、充分な権限が与えられていたようです。街道筋の庶民には多分恐れられていたことでしょう。 

 江戸中期の農業書には、茶は楮(こうぞ)・漆(うるし)・桑(くわ)とともに、主要産業として、生産が促されました。そこで文化の担い手として、上層階級から町衆に移った文化・文政頃から、茶は彼等の生活には欠かせないものになっていたのです。 

 また飲茶の習慣が日常化するに伴い、「茶化す」「茶々を入れる」「お茶を挽く」「日常茶飯」と言う生活用語に、「茶」が入って来たのは、この頃からだったでしょう。例えば「茶にする」「茶化す」とは、本来ひと休みすると言う意味ですが、転用され、話を混ぜ返すとか人を軽く見たりする時に使われます。 

 こんな風に最も日常化したお茶でありましたが、一方では総合芸術として、茶道文化を生んでいます。但し当初は戦国武将に深くかかわりがあったのでしょう。いずれにせよ、新茶を待ち焦がれる心情は、今も昔も変わりはありません。新鮮で美味しいと言う味覚への期待だけではなく、晩春から初夏へ、季節が移り変わる、言わば、生活習慣の節目になっていると言えましょうか。 

 

    <茶の薬効>

 鎌倉幕府の記録書でもある『吾妻鏡』に、二日酔いの将軍実朝あて、僧栄西が茶徳を誉める一書を献じたことが記されています。この一書とは、我が国で最も古い茶書で『喫茶養生記』だと言われています。その序文に「茶は末代の仙薬、延命の妙術なり」と書かれ、茶の薬効が書かれてあります。当時の栄西は、茶は体の酸性化を防ぎ、ミネラルを豊富に含んだアルカリ度の高いものであると言った科学的な知識があった訳ではないでしょう。佛教における記述(聖典の中では多分「律蔵」)によって学んだものだったと思われます。但し現代の医学上・薬学上の研究の結果、この栄西の一書に言う薬効は間違いないものとして立証されているのですから、凄いことだなぁと思っています。緑茶に多く含まれているカフェインは中枢神経に作用し、知的作業能力や運動能力を高め、或いは疲労回復にとってよいことは充分衆知の事実でしょう。また最近では熱に強いビタミンCが多く含まれていることや、成分のタンニンが脂肪酸の過酸化を抑制し、細胞の老化を防ぐことも分かって来ています。清涼飲料水がお茶に人気が集中するのも大いに頷けることです。いずれにせよ、新茶が出て来る時期にあたり、晩春或いは初夏の楽しみが増えたようで、季節の贈り物として嬉しくなってまいります。

 

     <お茶の雑学と新茶の淹れ方>

 お茶の雑学として、面白い二,三を御紹介しておきましょう。

  宵越しのお茶は飲むな

 お茶に含まれるタンニンの一つにカテキンがあります。これは殺菌力を持っていて、血管を収縮させ、体液の分泌を抑えたりする収斂剤としての作用を持っています。お茶を淹れ、長時間置いておくと、お茶からこの成分が溶け出して、収斂作用が強くなり、これが原因で消化不良を起こしますので、要注意です。夏場など、これ以外に茶葉に含まれる蛋白質が腐ったりしますので、これも注意した方がいいでしょう。

   薬はお茶で飲むな

 タンニンは金属や無機塩類と結合すると沈殿させる作用がありますので、貧血症などで飲んでいる鉄剤のようなものは一緒に飲むことは避けた方がいいでしょう。

   茶の収臭性

 煎茶・番茶などを入れておくのに、茶筒を使います。湿気を防ぐ容器ですが、お茶はすべて匂いを吸収する力を持っていますから、近くに、匂いのきついものを置いておくとその匂いを吸収してくれます。冷蔵庫などに長期間保存しておく場合、茶筒と身の間にしっかりとテープで貼っておくべきでしょう。逆にある容器に付いている匂いを消す場合はその容器の中に お茶を入れておくと匂いは綺麗に消えます

   新茶の淹れ方

 新茶の風味を楽しむ為には、熱湯を注いではなりません。湯冷ましか茶碗で二分ほど置いてから、冷ましたその湯を使います。急須には人数分だけ茶葉を入れ、湯を入れたら、茶葉がよく開くまで置いておきます。そうして一碗に集中して注がず、平均した濃度になるように、注ぎ分けます。 (以上 静風流家元指南)

  皆さんは新茶をどちらで購入なさいますか?八女も静岡も宇治もみな大挙して待っている筈です。季節の贈り物として、たくさんお召し上がれ!

 

茶筅 

 上記記事は主に亡き主人の記事で、多くは『櫻灯路』から引用された記事です

  

広告
カテゴリー: 季節の移ろいの中で パーマリンク

新茶のこと への4件のフィードバック

  1. 道草 より:

    八十八夜にお茶を飲むと長生きすると言われています。一年で一番美味しいお茶を飲んで長生き出来るなどなかなか結構なな風習と申せます。今頃、宇治の古い町並みを歩きますと香ばしい茶の香りが溢れています。茶は余りにも身近なため、つい、たかがお茶、などと思ってしまいますが、出すお茶でその人の品格まで分かとも言われており、そうなれば疎かには出来ません。一期一会も茶道の言葉と考えれば、一杯のお茶で素敵な関係が保てると言うものです。詳しい新茶の話を堪能させて戴きました。
     
    「朝の新茶」 木下杢太郎
     
    桜実(さくらんぼ)が熟し、草のかげが
    重くざわざわして、間々露冷たく!
    樫の花のしつこいかをり、
    煉瓦の壁に差す日の華やかさ、うひうひしさ。
     
    かかる朝、庭を歩み
    草上(くさのへ)に座して新茶を啜れば、
    五月の朝のはれやかな心の底に、
    世界のいづく、草の葉の一(い)つだに缺けざる
    かの一味の悲哀(かなしみ)の湧くをこそ覚ゆれ

  2. 文殊 より:

            道草先生
     
     昔は小学校の唱歌であったこともあって、茶摘みは割りと身近な感じだったのでしょうね。   

    夏も近づく八十八夜野にも山にも若葉が茂るあれに見えるは茶摘みぢやないかあかねだすきに菅(すげ)の笠
         日和(ひより)つづきの今日このごろを     心のどかに摘みつつ歌ふ     摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ     摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ
       如何にも古いように思いますが、よく吟味して読むとなかなかの味わい深い歌ですね。でも何処か愛国精神があるようで、いかにもと思えますが、お茶と日本人は切っても切れない関係であるのでしょう。缶コーヒーと缶のお茶の販売量はどっちが上なのでしょうね。想像では日本茶の方に勝利をあげたいですね。そこに行くと木下杢太郎の詩はさすがに素晴らしいです。新しい喜びと哀しみがほどよく配置されていて、胸にぐっと来るものがあります。サクランボの時季ですと、同じ新茶でも6月の新茶ですから、2番茶ということになるのでしょうか。詰まらない屁理屈を済みません。いずれにせよ爽やかな素敵な詩です。有難う御座いました!
     

  3. Unknown より:

    こんにちは。
    外から帰って、硯水亭 Ⅱさんの記事で一服させていただきました。
    このあたりは狭山に近いので、お茶の栽培が盛んです。大きいお茶畑もありますが、もしかしたら自宅用なのでしょうか、ちょっとした土地でもお茶の木が並んでいたりします。お茶畑には大きな扇風機のようなものが幾つも立っていて、それらが5月の風でクルクル回っている様子は爽やかで好きです。
    そう、近くにお茶の博物館『アリツト』というのがありますよ。緑茶だけでなく、紅茶や中国茶などについても学ぶことが出来ます。
    お茶畑はもちろん、いろいろな植物も植えられているので、中に入らず、お庭だけに行ったりします。
    そこではお茶の試飲もできるので、美味しいと感じたら購入することも。
    我が家では外出時、小さなポットにお茶を入れて持っていきますが、この時は味が変わらないほうじ茶がいいようですね。
    新茶はやはり、おうちでゆっくりいただきます♪
     
     
    のでいいようですね

  4. 文殊 より:

          夕ひばりさま
     
     
     あのぉ、残念なことなんですが、MSNのブログでは投稿者さまからの文章をいじれないようになっていまして、
    御免なさい、どうしようかと悩んだのですが、何も可笑しい感じがしませんので、後からカキコして戴いた分だけ
    削除させて戴きたく存じます。御免なさい!
     
     そう言えば狭山もお茶どころでしたね。扇風機は霜が降りるのを避けるために廻しています。結構方々で観る
    ことが出来ました。霜が降りると、途端に品質に関わって参りますし、味も思い切りダウンしてしまうんですよ。
    だから収穫直前ではそうした配慮がなされるのでしょうね。主に重油で廻しているのですが、風景はいかにも
    いいですね。何かのどかでいいですね。
     
     『アリット』というところもあるんですか。狭山茶の宣伝にもなりますから、なかなか考えたものですね。しかも
    結構あちこちのお茶があるなんて、いいですねぇ。紅茶ではアールグレイが大好きです。試飲も出来るって
    いいですね。青梅ではなく、そこは入間市になるんでしょうか。一度是非行ってみたいところです。
     
     ご家族ではほうじ茶がいいとはいいことを教えて戴きました。夏場は僕は麦茶もいいなぁと思っています。
    ほうじ茶も麦茶も癖はなくていいですよね。そうそう新茶はご自宅が一番でしょう。まだ家内と新茶を戴いて
    おりませんが、手許には買ってありますから、いずれ実現出来るでしょう。今日もおいで戴き有難う御座いました!
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中