葵祭り 仄かなる哀愁

  

  フタバアオイ葵祭葵祭

 

 

 

               葵祭り   仄かなる哀愁

 

 

 早いものである。去年「葵祭り」を『斎王代・女人列御禊神事と葵祭り』として書かせて戴いてから、もう一年が経つ。本日五月十五日、京の都では「葵祭り」が挙行されていて、来年こそ一緒に観ようねと妻と約束していたのに、こんな怪我ではどうしようもない。去年も我が尊敬する道草先生がご丁重にコメントを書いて下さった。

 「葵祭り」とは天皇の名代として斎王(天皇の内親王)が野宮から出て、上賀茂神社と下鴨神社の例大祭へご祈願に行く行事のことである。大同二年(807)に始まっており、延々と永い歴史がある。嘗ては旧暦四月中の酉の日に行われたが、明治十七年から五月十五日になった。京都で祭りと言えば、この祭りを指すぐらいの古来から有名な祭りで、現在斎王の制度がないために、上賀茂神社の社家や下鴨神社の氏子の中から、斎王代(さおうだい)が毎年選定され、華々しい平安絵巻を繰り広げている。野宮は斎王が精進潔斎した場所であり、葵祭りでは斎院であったが、未だにそこがどこかは定かではない。一方伊勢の神宮にも斎王が天皇の名代としてご祈願に行く慣例(神嘗祭などへ)が永いこと行われていた。こちらは斎宮と言い、伊勢の神宮から20キロも離れた現在の明和町に壮大な斎宮寮があったらしい。現在その発掘調査が進行しているが、余りの大きさに全部発掘調査が終了するのは100年近く掛かると言われている。どちらも処女の未婚者で内親王でなければならなかった。更にどちらとも野宮にお籠もりをして潔斎してから出掛けなければならなかった。葵祭りでは見物の順番(?前後)を巡って争い(源氏物語による)が絶えなかったが、ひと目斎王見たさの思いであったろう。又「源氏物語」では六条御息所が、前東宮の娘(後の秋好中宮)が斎宮となったために、その群行に同道するようになり、賢木巻で、光源氏と別れの舞台となったのも、この野宮であった(能『野宮』)。斎院や斎宮の斎王たちは通常は生涯独身を通すが、全く結婚があり得なかったものでもないようで、但し臣下と情を交わすのは不義密通となり、その職を放擲されたようである。華やかな舞台の影にはこうした女性たちの非情なる哀しみがあったのだろう。伊勢の斎宮は500年ほど続いたが、経費が大層掛かったためだろう、1330年代には終わっており、その後は現在まで勅使派遣に留まっている。いずれにせよ葵祭りには何処となく哀愁が感じられてならないのは私だけだろうか。今日の天候は最高であるだろう。

 「葵祭り」では、二葉葵(写真左)が多く使われる。話題は本題から聊か離れるが、葵の葉っぱと紋章のお話を少々。この二葉葵を紋章とするのは、賀茂明神信仰から来ている。二葉葵は京都の上賀茂神社と下鴨神社のご神事に用いられて来たもので、別名カモアオイともいわれる。そして、賀茂祭には必ずこの二葉葵を恒例の神事として用いたことから、この祭を葵祭と呼ばれるようになった。このように葵は、賀茂祭に用いた霊草であるため、この神を信仰した人々がこの植物を神聖視し、やがて、これを賀茂神社のご神紋としたのは言わずもがなである。『文永加茂祭絵巻』に、ご神事の調度品に葵紋が用いられているのが見られる。この頃から社家や氏子を通して家紋とし用いられたようだ。

  葵紋が武家などの家紋となったのはかなり古い。『見聞諸家紋』によると、三河国の松平・本多・伊奈・島田氏らが戦国時代前期頃から用いていたとある。このなかで、本多氏の場合「本多縫殿助正忠、先祖賀茂神社職也、依って立葵を以って家紋と為す」と『本多家譜』にある。このことから、本多氏の祖先が賀茂神社の神官の出であることにちなんだことが知られる。 同じく、松平氏が葵紋を用いたのも加茂神社との関係に基づいたもののようである。松平氏は新田源氏の流れを汲むとされるが、室町時代は加茂朝臣と称しており、加茂神社の氏子であったことがある。これは松平三代信光が、三河国岩津村の妙心寺本尊の胎内に納めた願文に「願主加茂朝臣信光生年二十六歳」とあることでもわかる。このように、松平氏は加茂の氏子として葵紋を使っていた。その葵紋は二葉か三葉か確たるところはわからない。しかし、徳川氏の先祖とされる新田氏の家紋は「大中黒」または「一引両」である。徳川氏が先祖の家紋を引き継ぐとすればさきのいずれかでなくてはならないが、松平氏に婿入りしたためにあえて新田の家紋を使わなかったのであろうと思われる。また、三代・信光の墓には剣銀杏の紋が付けられている。少なくとも信光の時代には、葵紋は定着していなかったようにも思われる。

 永禄九年(1566)、家康は朝廷に願い出て、松平から徳川に復姓した。このとき本家紋も、葵紋よりも新田源氏のシンボルである「一つ引両」にもどしてもよかったわけであるが、あえてそれをしていない。ここでも新田氏の子孫を称するには矛盾が出ているといえそうだ。葵紋は、家康が征夷大将軍となってから権威ある紋として、一般の使用を禁止し一門親藩だけに使用を許した。江戸時代には、将軍家と御三家および親藩の一部が使用した。しかし、一門で本末を区別するためにいろいろな葵紋があったようで、このように武家も賀茂神社のご威光を嵩にしたのである。

 

斎王代

  

      斎宮歴史博物館ホームページ

広告
カテゴリー: 祭り パーマリンク

葵祭り 仄かなる哀愁 への6件のフィードバック

  1. 道草 より:

    「古へは祭としも言はば葵祭を指すほどで、祭見のさまを描かざる物語、日記が少いほど當時の人達の待ち焦がれた見物(みもの)であつたし、今も市民は當日くりひろげらるる昔ながらの繪巻物に陶酔し、初夏の喜びにひたるのである」(『京洛ところどころ』井手成三/昭和16年12月発行)。今日の京都は快晴で沿道は32,000人の人出とのことでした。今年の話題は、斎王代が纏う十二単が25年振りに、人間国宝の有職織物作家(喜多川俵二)によって新調されたとのことです。私は例の編集作業に追われ、本年は自宅に缶詰でした。硯水亭さんは香の君との逢う瀬が叶わず残念でしたが、来年は3人水入らずで心行くまで見物を愉しんで下さい。それまで少しの延期もまた佳しと・・・。
    「五月の禮讃」   与謝野晶子
     
    五月は好い月、花の月、芽の月、香の月、色の月、ポプラ、マロニエ、プラタアヌ、つつじ、芍薬、藤、蘇枋(すおう)、リラ、チューリップ、罌栗の月、女の服のかろがろと薄くなる月、恋の月、巻冠(まきかんむり)に矢を背負い、葵をかざす京人(きようびと)が馬競(くら)べする祭月、巴里の街の少女等が花の祭に美しい貴(あて)な女王を選ぶ月、わたしのことを言うならばシベリアを行き、独逸行き、君を慕うてはるばるとその巴里まで着いた月、菖蒲(あやめ)の太刀と幟(のぼり)とで去年うまれた四男目のアウギュストをば祝う月、狭い書斎の窓ごしに明るい空と棕櫚の木が馬来(マレエ)の島を想わせる微風の月、青い月、プラチナ色の雲の月、蜜蜂の月、蝶の月、蟻も蛾となり、金糸雀(かなりや)も卵を抱く生の月、何やら物に誘(そそ)られる官能の月、肉の月、ブウブレエ酒の、香料の、踊の、楽の、歌の月、わたしを中に万物が堅く抱きしめ、縺れ合い、呻き、くちづけ、汗をかく太陽の月、青海の、森の、公園(パルタ)の、噴水の庭の、屋前(テラス)の、離亭(ちん)の月、やれ来た、五月、麦藁で細い薄手の硝杯(こっぷ)からレモン水をば吸うようなあまい眩暈(めまい)を投げに来た。
    *アウギュスト=四男の昱(いく)。

  2. 文殊 より:

          道草先生
     
     与謝野晶子の凄い歌が登場しましたが、鉄幹を追い掛けてパリまで行った時の歌でしょう。歓びに欣喜雀躍しています。羨ましい限りの歌ですね。「ああ仏蘭西の野は火の色す 君も雛罌栗(こくりこ)われも雛罌栗(こくりこ)」の歌を思わず思い出されます。寒いパリにようやくやっと着いた晶子の歓びが爆発していますね。素晴らしい。私たち夫婦は今年は諦めています。でも赤ちゃんの誕生までは京都に行きたい思いでいっぱいです。分娩室で彼女の応援をしたいからです。是非ともそれまでは右足に重心が掛けられますようにお祈りするばかりです。
     
     多くの観光客の方があったようですね。平安絵巻とは言え、実は或る残酷なことを内包している葵祭りです。我妻は斎王にはなれませんでしたが、あの行列に参加したことがありました。斎王と一緒に下鴨神社で禊をしたのをよく覚えています。氏でもなければ社家でもないのですから無理な話ですが、幼少の頃からの憧れがあったのでしょう。高校を卒業してから大学へ。そして今は大学院へ。家内の変貌も相当なものであります。人前に出ることなく、ひたすら勉学の日々です。
     
     毎日先生がやっていらっしゃる編集のお仕事、大変ですね。でもそれすらもご子孫へ継承したい何かがおありなのでしょう。何となく理解しています。先生が必死になってやっていることが必ずお嬢様方に通じるものと信じています。今日も有難う御座いました!
     

  3. Unknown より:

    こんばんは♪
    葵祭、お天気にも恵まれよかったですね。今年は無理でも、来年をどうぞお楽しみに !
    この時期、東京は三社祭。毎年、期間中どこかで雨が降るようですが、今年は大丈夫みたいですね。
     
    今日は新緑の御岳渓谷に行ってきました。昨秋の台風では茶色に濁っていた多摩川。今はすっかり元のように澄んで、元気一杯という感じで流れていました。
    (今日道草さんが私のブログに再びコメントをくださいました。
    言葉遊びをおりこみながら、硯水亭さんへの励ましを書いてくださったんですよ。
    もしかすると、お読みになっていないかもと、お知らせにあがりました。)
     

  4. 文殊 より:

           夕ひばりさま
     
     そう言えば昨日から三社祭でしたね。西の葵祭りに、東の三社祭とでもいうのでしょうね。明日はハイライトでしょう。浅草のご町内では何処ででも大いなる活気に満ち溢れることでしょうね。但し最近はご町内とは関係なく、神輿の担ぎ手が他所から大勢入って、ご町内の皆さんが隅っこに追いやられているようで、一面ではみっともない現状ですね。でもどちらもいいお天気でよかったぁ。
     
     御岳渓谷の新緑がさぞや美しかったことでしょう。あちこちに行けない僕にとっては、姉ちゃまのような情報は特別に嬉しいです。もう少し新緑が楽しめましょう。でも六月に入ると、新緑は木々によって色彩が変化しているのに、ほぼ同じ緑になっちゃうのは、どこか淋しいですね。今のうちでしょう。綺麗な多摩川には鮎が溯上してきそうな感じがしますね。鮎の解禁までもう少しでしょう。
     
     姉ちゃまのブログにすっ飛んで参りました。姉ちゃまのご人徳もあって、道草先生から嬉しいお言葉でした。どんなに感謝していることでしょうか。このところリハビリの辛さで、ブログを書くこともブログ散歩も思うように出来ていませんが、これで疲れがすっ飛んで行きました。有難う御座いました。心から御礼申し上げます。今朝はお休みなんですが、今日の午後は特別な強化訓練の日で、頑張らないといけません。英気を養って、とりあえずいっぱい若狭粥を食べたところです。新生姜のお漬物もメチャ美味しかったです。本当に有難う御座いました!
     

  5. haruka より:

        硯水亭さま
    こんばんは。
    お怪我のほうはいかがですか。
    来年は奥様とご一緒に京都へ行かれますようお祈り申し上げます。
     
    私はまだ一度も葵祭りに行ったことがありません。
    写真を見ると、当時さながらに再現されているようですね。
    昔、源氏物語を読んだときは、ほぼ想像の世界で、文字ばかり追っていました。
    現実にそれが動いたりしているものを見ると、どんな気分なのでしょうか。
    家紋の話は面白かったです。徳川と賀茂神社は関係があったわけですね。言われてみれば納得します。
    またときどき寄らせていただきます。ありがとうございました。
     
    はるか
     
     
     
     
     

  6. 文殊 より:

             はるかさま
     
     おはよう御座います!どうもご心配を戴き、有難う御座いました。昨日も午後遅くでしたが、きついリハビリをやりました。お陰さまで、両腕で支えていた松葉杖ではなく、右の方にだけ着く腕輪型のステッキのようなものに変わりました。でも階段の昇り降りは、ちょっとまだまだきついでしょうか。でも一歩一歩ずつ前進しているように感じられます。ええ来年は現在のところ京都に移住する予定なので、来年こそは一緒に観られそうです。
     
     葵祭りは京都の方がやや元通りに復元されていますが、近年伊勢の神宮でも復活されています。但し伊勢の方が行幸が華々しかったようですが、極一部分だけの復活ということになります。葵祭りは源氏物語に時々登場して参ります。六条御息所は伊勢の神宮に、内親王と同道しなければならず、光源氏は勿怪の幸いとばかり野宮で分かれますね。源氏物語の成立から、ほぼ400年後に成立した能楽の世界では、幾つかの物語が作られましたが、能楽のストーリー性から申し上げれば、ハッピーエンドはなかなかなり辛く、悲劇性があるかどうかで判断されるようです。従って全部が全部なりきれない部分を持っています。但し天皇のお嬢様である内親王は劇的要素がありまして、思うように恋を出来ない悲劇性があろうかと存じます。能「定家」のように、定家自身出演していないのですが、恋が思うように果たせない恨み辛みを深刻に表現しているものもあります。この能の場合は式子内親王が主な主演となっています。定家蔓で、自らのお墓を覆ってしまう怨念でしょうか。源氏物語とは聊か無縁ですが、それを彷彿とさせるストーリーになっています。いずれにしましても制限が非常に厳しかった内親王の生き様が多くの悲劇性を生んでいる結果だと思っています。
     
     賀茂神社系統のご紋のお話は確かに面白いですね。公家のご紋を何とか頂きたい歴史が武家の歴史だったとも言えましょう。今放映されている篤姫でも、将軍家に嫁ぐのは公家の出でなければなりませんでしたね。この場合は九条家が噛んでいるのですが、それだけ武家は公家に対する憧れや恩賞としての位を戴けるわけですから、疎かに出来ないことだったでしょう。
     
     こちらこそ今度は私の方からお伺いさせて戴きますね。今日も有難う御座いました!
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中