盂蘭盆会に灯が点り 灯で送り給ふ

 

盆をどり

 歌川広重筆の『盆踊り』 (団扇面)

 

 

 

 

                  盂蘭盆会に灯が点り 灯で送り給ふ

 

 

     日本人とお盆

 日本民族は古来より農耕民族で、何かいいことがあると、盆と正月が一緒に来たなどと今でもよく表現されています。お盆も正月も国民の祝日には入っていないけれど、両者の行事ほど日本人に深く入り込んだ行事はないでしょう。そもそもお盆とは祖先の霊魂を慰めるために、親戚一同が集まって祖先の霊の冥福を祈り、卒塔婆(そとうば)を立てお墓参りをし、お坊さんにお経を上げてもらい御霊(みたま)祭りをすると言うものです。殆ど旧暦7月15日をその日にあてていますが、これを盂蘭盆会(うらぼんえ)と言いい、目蓮と言う人が地獄に落ちて苦しんでいる母親の倒懸(とうけん=手足を縛られ逆さにつるされ、非情な苦しみを受けること)を助けたと言われ、盂蘭盆経の説話に基づいている概要なのです。檀家廻りで忙しくしている坊さんはそうしたご説明をなさることでしょう。如何にも実しやかに聞こえて来ますから結構おもしろいものです。こうしたお盆のカタチは意外に新しく、檀家制度が確立した江戸時代になってからであり、こうした仏教的色彩の濃い盆の行事が多くなったのです。それ以前はそうしたお盆ではなく、日本古来のしきたりでした。七夕さまの行事から始まって水垢離(みずごり)を取り心身を清めてから、祖霊をお迎えし、正月にはトシ神さまとともに新しい年の五穀豊穣を祈り、お盆はお盆で祖霊に対し既に終わっている麦などの収穫に感謝し、来るべき秋の豊饒を心から願うという行事でした。 

 そんなわけでお盆は古来からあったことということです。一年を2度に分けていたと言うことは七夕の時もお話致ししましたが、1月と7月の行事がそれぞれ大変よく表現され似ています。但し改変されたり、解釈が違うようになったりして、具体的なそれらの行事は現存してるのは非常少なくなっていますが、よく見るとその名残が意外に残っています。農耕民族である日本人は正月にはトシ神さまをお迎えして、その年の五穀豊穣を祈り、お盆の7月には小麦の収穫が終わり、その感謝をしつつ、秋に収穫する他の農作物の豊作もお祈り致します。そしてそれぞれに休みがあり、1月も7月も藪入りと言うわけで、実家に帰って一族一党が一同揃い、正月には小正月(1月15日)の行事に手伝い、お盆は自分のルーツである祖霊さまをお迎え致します。お盆の時は七夕(本来は7月1日~7月7日まで)の最後の日、七夕さまを川や海へ流す際、同時に水浴びを致しますが、それは一種の潔斎であり、その後精霊迎えから精霊流しまで厳粛にとり行われる心の準備が出来るわけです。祖霊=精霊たちはそれらのもの達の守護霊となって、スーパーマン的に私たちを助けてくれるのですが、土から出て土に帰ると言う農耕民族的な発想は残ったままで、従ってすべての者にとって、どこか懐かしく親しみの深い霊魂となっています。お盆にはムギの収穫で得た中から加工品(ここからウドンや団子を祭壇にあげることが始まった)を作り、ウリや茄子などの産物も、祖霊に対してお供えをする習慣が永く続いたのです。

 

    迎え火

 お盆とは収穫感謝祭と同時に、年に一度戻って来てくれる祖霊さまに、日頃お守りしてくれる感謝の眞を捧げ、農耕による収穫をともにお祝いするためのものです。その為には祖霊さまをお迎えしなければなりません。先ず祖霊が眠るお墓に行き、草むしりなどをして、墓地から自分の家まで、道に迷わないようにする。これを盆道(ぼんみち)と言います。お墓廻りのお掃除だけではなく、道案内をするために、所々に高い竿などを刺し、そこに提灯などをつけたものでした。いよいよ祖霊さまが戻って来る7月13日、家々の戸口や門前で、苧殻(おがら)などを焚いて、神迎えをするのです。或いは霊迎え(たまむかえ)と言いますが、祖霊さまが自分の家に間違いなく、帰って来れると言う意味と、火そのものに神を感じたからでしょう。尚お墓のお参りに使ったお線香やそこで焚く火から頂戴した火で、提灯に火を点し、自宅まで持ち帰るのは、京都・八坂神社の正月迎えの行事であるオケラ詣でとよく似ていますが、それは割合新しい方法で、略式のお迎えであります。

   盂蘭盆会

  お盆には独特の祭壇が設えられました。特に新盆の家では、屋外に精霊棚を作ります。ホオズキを吊るし、ハギ・キキョウ・オミナエシなど秋の草花を飾り、ナス・キュウリ・ウリ・そうめん・だんごなどをお供えします。そうめんやだんごなどは既に終えたムギの収穫を感謝する意味が籠められています。そしてこの祭壇があるがために、従来の仏壇は閉じておくのが慣わしでした。
 又この日は「生きみたま」と言って、その家の長老達を集め、他家に嫁いでいた娘達は、お米や小麦粉を持ち寄って、ご馳走を作り、親筋の皆さんをご接待する習慣もありました。

 それとお盆の間、村の広場に集まり、櫓を組み、浴衣姿の男女が盆踊りをします。これは死霊達をお慰めすると同時に、霊鎮め(たましずめ)の意味が色濃い行事でありました。一晩中踊り明かし、古くは歌垣(うたがき)と言って、その夜ばかりは知らない者同士の男女が睦み合ってもよしとされた大いなるチャンスの時でもありました。この盆踊りの原型です。盆踊りの古いカタチは 輪踊りで、その中央には赤々と燃える焚き火が必ずあります。西馬音内の、あの美しい盆踊りは、この典型です。郡上八幡の踊りも本来はそうでしょう。他にこの範疇に入る行事はほうか踊り・念仏踊り・さんさ踊り・かんこ踊り・はねそ踊り・ジャンガラ踊り・傘踊りなど多彩且つ多数あります。と、そんなにもたくさんの盆踊りが残っているのです。また精霊火と言って、祖霊さまとともに楽しむと言う考え方と、村に悪霊が入り込まないようにするための火でもあったようです。西洋演劇で言えばカタルシス=魂鎮(たましずめ)の一種なのでしょう。従って盆踊りの火を絶やさないことこそ村と言う共同体の公式の行事だったわけです。

             西馬音内の盆踊り 西馬音内の盆踊り

                     日本一美しい秋田県羽後町の『西音馬内(にしもない)の盆踊り』 特にガンケは秀逸

 

 或いは精霊棚とは別に、施餓鬼棚(せがきだな)と言って、特別な棚ではありますが、精霊棚と同様な棚を作ります。不慮の死を遂げた人、行き倒れになった人、間引きをされた子供など、無念を残した仏は、みな無縁仏として扱われ、荒ぶる魂を持っていて、往々にして村に災厄をもたらすと考えられていました。精霊棚とは別に、改めて施餓鬼棚を作り、それらの死霊も又、精霊達と同様に大切にお慰めしたものです。これは餓鬼道救済の仏教思想が結びついたものでしょう。

     送り火

 盆の行事が終わり、精霊達が帰って行く7月16日(ところによっては15日)日には、お見送りのために色々な行事をします。精霊棚や施餓鬼棚に並べてあったナスやキョウリなどに、割り箸などで足をつけ、ウマやウシになぞらえて作ります。ご先祖さまの精霊達はそれらに乗って、あちらの世界に帰ると言うのです。精霊棚に飾ってある色んなものの下敷をした筵(むしろ)に、お盆が終わったらそれらを一緒にくるんで川や海に流してしまいます。
 門前や戸口でお迎えをした時と、まったく同じように火を焚いて、今度はお送り申し上げるのです。精霊達をお見送りをする意味でお墓参りもします。お墓でも火を焚き、冥界に行く道中、道に迷うことがないように火を点すのです。それが共同で行われるとやや大袈裟になりますが、村はずれや山の上、或いは海辺などで、大掛かりに送り火を致します。類例として山梨県南部町で行われる百八灯、京都の大文字山(東山 如意ヶ岳など)で行われる大文字焼き、松島・瑞巌寺の灯籠流し、長崎や鎌倉でも灯籠流しなどがあります。最近では新しく灯篭流しをするところもあるようですが、京都の宮津や長崎で行われる精霊船流しなど大小さまざまですが、日本各地で行われております。

五山の送り火

 京都・五山の送り火 (通称大文字焼き)

     現代のお盆

 大都会に住む我々の生活は、多彩で複雑化しせわしくなっています。現代ではお盆の概念は非常に希薄になくなっていると言わざるを得ません。でも旧暦のお盆になりますと、大都会ではウソのように人が消え、空気の澱みもなくなって田舎のないものは、逆に妙に淋しい思いをするものです。みな生まれ育った山や川のほとりに行き、親兄弟とのんびりしているのかと思うと澄んだ空気の東京は何なんだろうと改めて哀しく思うのです。でも逆にうれしくもあります。懐かしい親族との久し振りのご対面で、再び新たな空気が注入されている最中かと思うと、年の後半からの仕事ぶりに、気合が入っていることだろうと微笑ましく思えるからです。だから都会にいる人間は人間でやはりお墓参りは欠かせません。少なくとも祖霊に対する感謝の念とお慰めしたい気持ちはいずことも変わりなかろうと思っています。花咲か爺さんは本当にいたんだよを、真顔で教えてくれた母は人一倍自立し私に特別優しかったのでした。能の名人だった祖父、英語やフランス語が達者だった祖母、高貴な品格を湛えた曽祖父、みな懐かしい顔なのです。しんみり思い出すとそれぞれが懐かしく静かに涙があふれてきます。私はそれぞれの思いのたけを、今にきちんと受け継いでいるつもりですが、お盆の時は、久し振りにみなで静かにおしゃべりでもしたいものです。彼岸の人と此岸の人とちょっとの間同居し、同じものを食べ、懐かしい思い出に花を咲かせ、いいじゃありませんか。日本人の習慣は何て豊かに出来ているだろうと心から感謝したくなるのです。時に夏川りみの『涙そうそう』でも聞きたいものです。

     習慣習俗の誉れ

 江戸時代からお盆の供養は仏教的色彩が濃くなったと言いましたが、古来からあったお盆は、それでは神道かと言うと必ずしもそれはありません。飽くまでも正月行事もそうですが、お盆の行事もすべて民間の習慣習俗がそうさせたのです。人間に原初的にあったこころの糧とでも言いましょうか、そのことだけはお断りしておきたいと存じます。素直に精霊達との再会を、どうぞせめて楽しんで下さりませ。そしてそこでも言えることですが、祭りの基本的パターンは同じです。神迎え~神人饗応(神と人が一緒になって楽しむこと)~神送り。この3つのパターンの流れこそが、日本人のお祭りの素形として言えるものなのです。どうでしょう、幾らか整理が出来たでしょうか。大暑は過ぎて立秋をとうに過ぎていますが、暑さはまだまだです。暑さ寒さは彼岸までとはよく言ったものです。もう少しの辛抱でしょう。何やら藤袴が咲き出したとか、秋の気配がそこここに感じられる雰囲気です。豊かな季節の移ろいとともに、私たちの伝統ある行事があるのです。

 このところ戦中における先人の記憶のテレビが放映されています。悲惨な状況を眼にするだけですが、日露戦争で首の皮一枚で勝利したことをいいことにして、日本はカミカゼの国だと吹聴し、あの忌々しい大戦に突入致しました。勝っていていたのはたった半年で、後の三年半は敗走に継ぐ敗走でした。補給も弾薬もなく、徴集された多くの普通の戦闘員たちがどれだけ無念の最期を遂げられたでしょう。無論それだけが問題ではなく、その見通しと戦争に対する見透かされた戦争犯罪がキッチリとあったのでしょう。誰を責めるではなく、等しく日本人全員がその責任を永劫に背負って行かなければなりません。日露戦争から太平洋戦争の週末までたった40年であったことを、よくよくお考え戴きたいのです。そのたった40年で日本はとてつもない卑屈な日本になってしまいました。今や腑抜けの国家であります。白洲次郎が心配したプリンシパルは何一つ実践されることはなく、極端に申せば薩長連合重視時代からの伝統的官僚主義の悪弊に、現在の日本人はトコトン喘いでいると云ってもいい過ぎではないでしょう。以前香港の湾の小島で、戦死者のご遺骨蒐集を主人とともにしたことがたった一度だけありました。203高地の戦場の跡地は今や大都市です。大都市を移設して遺骨蒐集するのは困難の極みです。野ざらしにされ地下深く埋められたご遺骨の魂はどこへ帰ればいいのでしょう。アジア各国に散逸している累々たる日本兵の屍の山、未だに放置されっ放しです。改めて「ビルマの竪琴」を思い起こされます。考えれば限りないのですが、また原爆を落とされた方々の幾数万の人々の魂はどこに行けばいいのですか。沖縄で無残に散った無数の魂をどう救えればいいのでしょう。図らずも北京五輪開会式の日にグルジアとロシアが戦闘状態に入りました。何と言うことでしょう。このお盆の時期毎年思うのですが、これから千年先の日本を思う時、決してこれらの愚行を深く考えて見ることは避けては通れないのです。本来優しきこのお盆の行事にもそんな哀しみを背負った方々が大勢いることを、我がことのように否応なしに意識すべきだと硬く信じます!あらゆる戦争に正義がないことも!

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

盂蘭盆会に灯が点り 灯で送り給ふ への2件のフィードバック

  1. 道草 より:

    六道さん(六道珍皇寺)にこんな唄がありました。「地獄極楽閻魔さんの前で、お経読まれて親になに食わす、芋食わす。此の子は悪い子、針の山へ飛んで行け。鯛食わす。此の子は良い子、 極楽へ飛んで行け」。先祖を敬えとの教えでしょうが、小さい頃は本気で信じていました。そして、京都のお盆は何と言っても五山の「送り火」。今日の13日から「道作り」の準備が始まります。そして、85もある火壷の「火壷割」が決まり準備万端整います。「いんでこ大文字、大文字がとぼった、もういんでこっと大文字、もうかえろっと大文字」。一条大宮辺りでも、物干し台から送り火が五つとも見えました。>「もうすぐ大文字がともるえ。」子供の手を引きながら集つて來る人々の前にやがて煙をあげて赤々と燃えあがつて來る大文字の美しさ。その大文字が人々の心に忍びこませる新秋への感傷。まことに京都の人々にとつていち早く秋を感ぜしめる季節の觸手ともいふべきもので、何といつても牧歌的情趣のもつ水のやうな哀感である。「お父さん、一寸も見えないよう。」せがむ子供を高々と抱き上げ乍ら私は思ふのである。やがて子供が成長した後に於いてもその魂の奥深くにほのぼのと焚き込めるられた大文字の火は季節への感傷となつていつまでもあえかな夢を結ぶであらうと。<『京都風土記』大塚五郎(昭和17年)。大文字の起源は、平安時代初期の弘仁年間(810~824)に弘法大師が始めた、との説があります。京都人の間でも、「弘法さんが始めはったんや」と伝承されていました。千年の昔に始まった大文字の送り火は、また、千年の未来へと伝えられていくことでしょう。来年は、硯水亭Ⅱさんも親子3人での観賞が楽しみなことと思います。
     
    「六道まいり」    山田英子
     
    親しい靈の名を書いてもらった水塔婆に線香の匂いかがせマキの小枝で水を浴びせかけると大勢の靈に混じって戻ってきたミツオさん マサヤさん タイちゃん一緒に肩よせ合い 泳ぐように妖しい熱帯夜の道を通りぬけて祇園あたりでひとやすみほな 冷たい葛きりでもつるつるっと よばれて帰りまひょか

  2. 文殊 より:

            道草先生
     童歌は素晴らしい情緒がありますね。そんなところから山田英子さんの「六道まいり」が生まれる土壌があったのでしょうね。素晴らしい詩です。全国では愈々夏祭りの本番です。京都のお盆は大文字に尽きます。妻と何度か浴衣を着て、あの大混雑の中を鴨川まで行き一緒に観たことがあります。帰りは鍵屋さんで黒蜜入りの葛きりを頂戴しました。でも今度は杏も一緒です。何だかワクワクして参ります。このところ京都から義父母が出て来た時以外はどこにも出ず、三人で静かな夏を過ごしています。読書三昧で、杏は一人でグイグイ手足を伸ばして運動中です。昼間さほど眠らなくなりまして、夜が楽になりました。いい子に育っています。出産の時、どんなカタチで産まれて来てもいいからなと心中必死に無事を祈っていたのがウソのようです。有難いことです。これが家庭で家族なのでしょうか。家族はやはり一緒にいるべきですね。幸せはここにありましたのです。これもひとえに皆さまからの応援の賜物だと心から感謝申し上げております。
     
     弘法大師が始めたということは、最初に点火する大文字に祠があり、そこは真言宗のお坊さんが来てお参りをする場所でしたね。日蓮宗徒は舟形でしたか、神社さんの鳥居もあって、どの宗派とか全く関係ないのでしょうね。そこが又弘法大師さまらしくていいのではないでしょうか。同時に点火するところや、山を走りながら点火してゆくのもあり、京都の方にとっては大文字は真夏の祭典として欠かせないものでしょう。鴨川やそこらじゅうで、燈篭流しがあるのも風情があっていいですね。お盆の支度のためでしょうか。五条坂の陶器市も終わったようですね。
     
     私たち親子は今夕実家に帰り、全員で青山墓地に行き、母を筆頭に多くの祖霊のお迎えをしに行って参ります。嫁に行った以上は旦那さまのご実家でお過ごしなさいと諭してくれた義父に心から感謝しつつ、お迎え火をし、仏壇に移し、盆灯篭にも灯りを点し、全員で(勿論彼岸の方々の影膳も据えて)、お盆を楽しんで来ることに致しましょう。16日の送り火まで、何度か実家に行くでしょう。父や叔母も大張り切りしているようです。今日も有難う御座いました。心から感謝申し上げます!
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中