男児誕生!

 

眠る子(人の誕生)

ゴーギャン作『我々は何処から来たのか 我々は何者か 我々は何処へ行くのか』の一場面 「眠れる子供」

 

 

 

男児誕生!

 

 

明け方5時過ぎに分娩室に入ってから約6時間、最後の雄叫びを上げた妻から、丸々と太った男児が誕生した。

妻の肩をヒシと掴んで一緒に呼吸しズッと踏ん張っていた僕は、その途端、そこにヘナヘナと座り込んでしまうぐらいで、

何処から来るのか大きなウネリとともに、素晴らしい感動がやって来て、普段冷静な妻も無意識のうちに、ハラリと落涙していた。

産まれ出て、初呼吸のその瞬間、元気いっぱいの産声!付いているモノがちゃんと付いていた。男児で、体重3720グラム、身長48cm 立派!

こんな細い身体に、どうやって10ヶ月もいたのか不思議!この子を産んだ一瞬の妻は、茫然としていて多分意識はなかったのかも。

それは聖なる沈黙の尊厳の証なのだろうか。その後色々な処置をしている間も、僕はずっと妻にピタリと顔を寄せ、手を繋いでいた。

泣きやまない我が子は湯浴みをした後、様子を観て、妻の許へ。早速初汁(?)する。本能的に舐め、何て不思議なんでしょう。杏の時は七ヶ月後に、

お乳が出なくなったのに、出産と同時に、早速お乳らしい汁(? 未だお乳ではないらしい)が出るなんて、さすがに女性は凄い、偉いです!

 

そして一個の人格を持った子を産むのですから。貴方は僕たち夫婦を選びに選んで産まれて来たのですね。

有難う有難う、母も父も感動で胸がいっぱいです。どうかお元気でネ、ようこそ僕たちの元へ!

 

今、妻は疲労困憊して、お部屋で眠っています。この数日禄に睡眠を取れなかった僕も、急激に睡魔に襲われ、早々に自宅に戻ってみると、

京都からじぃじも駆けつけてくれていました。嬉しそうなお顔が印象的で、京都のご馳走が並んでました。お留守番の杏は、立派です!

そして明日、赤ちゃんは、妻が眠りから醒めた後に、お部屋にやって来るそうです。その前に、じぃじやばぁばや、僕の父や叔母や、

お姉ちゃんの杏も僕も、みんなでみんなで病院へ行き来ましょう!貴方を、みんなでお迎えにあがります。

 

この世の空気に初めて触れ、どんな気分なんですか、人生ってとってもいいもんですよ。これからみんなで精一杯人生を楽しく生きて参りましょう。

倭文が、あんなに艶やかに踊った「越中八尾の風の盆」の最後の日に、貴方が誕生したのです。貴方のお母さんは、疲れた顔を物ともせず凛として、

とっても素敵ないい顔をしてましたよ。そして気がついてからひと言、「ぅう~~~ん、永かったぁ、風の盆に間に合ったのえ!嬉しぃおすぅ~!」

僕は妻に語りかけ、「お子さんを熱望してる人や出来ても産めない人だっていっぱいらっしゃる、その人たちの分をどこかにとっておきましょうね」

そう言うと、妻は素直にコクッと頷いて、それから少しだけ食べて、深い眠りについた。眠りにつく前に、「風」がついた名前がええなぁと言っていたが、

性別も分からなかった上、確かにそうだったよ、貴女が論文書きで忙しかったし、お互いに話し合ったりして名前まで考える余裕がなかったものね、

そうだったよね、じゃこれから考えましょう、「風」ねぇ、難しいなぁと一人呟きながら、帰宅した我。一応みんなにも相談をしましょう、みんなの子だもの。

 

貴方の、そんなお母さんは実にしっかりした凄い人ですよ、貴方も負けないで!

オトコらしいオトコになるんだよ、こんな父を遥かに乗り越えて行くがいいさ!

 

僕は密かにそう思いながら、早速このブログを更新し、直ぐに眠りにつくことにした。滅茶苦茶な文章で失礼をば!

申し訳ないのですが、コメ返は明日以降、ユルリとさせて戴きたく存じおり候。

 

 

800PX-~1

9月3日の誕生花はマーガレットなど色々だが、代表として「カラジューム」を貼り付け (Wikipediaから借用す)

 

広告
カテゴリー: メモリー パーマリンク

男児誕生! への10件のフィードバック

  1. 道草 より:

    男の子の誕生、おめでとうございます。待望の硯水亭2世バンザイ!一姫二太郎との言葉通り、理想が実現してニ重にお慶びのことと思います。奥様の大殊勲ではないですか。女の子は父親に似て、男の子は母親似ると言います。奥様に似れば、ナニも言うことないですやん。いずれにしましても、先ず五体健全がまず第一です。もう一度、おめでとうございます!!「あいたくて」   工藤直子 だれかに あいたくてなにかに あいたくて生まれてきた・・・そんな気がするのだけれど それが だれなのか なになのかあえるのはいつなのか・・・おつかいの とちゅうで迷ってしまった子どもみたいとほうに くれている それでも 手のなかにみえないことづけをにぎりしめているような気がするからそれを手にわたさなくちゃだから あいたくて

  2. 良枝 より:

    まさか・・・とは思っていましたが。何とも不思議なご縁となってしまいました 笑おめでとうございます!下が弟で年の近い姉がいる。これ、私と同じですね。甘えん坊の弟になるのかなぁ。杏ちゃんはおませさんになるかしら 笑これでまた一段と賑やかになりますね。うーん。京都のご馳走。私も食べたい 笑

  3. (Kazane) より:

    おめでとうございます!そろそろかしら…と、毎日こちらをのぞいていました♪男の子だったのですね。奥様もますますお忙しくなるでしょうから、硯水亭さんもこれからさらに大活躍ですね!>人生ってとってもいいもんですよ。って、語りかけられるって素敵です^^杏ちゃん、初めて弟君と対面したとき、どんな反応をするでしょうね♪何だか、楽しみです。硯水亭さんも、幸せと興奮と疲れと…。一度にいろいろなものが押し寄せてきた感じでしょうか・・・。本当にいいご夫婦だな~と思いながら読ませていただきました。“風” のつく名前は難しいですね。どんな名前になるのか、こちらも楽しみです♪ 硯水亭家の発展にかんぱーい☆

  4. 文殊 より:

         道草先生 早速お越し戴きまして、とっても感激しています。今日の午後、全員で病院に行って対面をして参りました。母子ともに極めて健康状態がよく、本来はカプセルなんかに入っているのでしょうが、黄疸の兆候もなく、全く心配要らないと言うことで、早速妻の元に帰って来ました。昨日はお乳かどうか、殆ど分からなかったのが本当ですが、午後行った時には立派なお乳が出ていました。これも早いと感心されましたが、お陰さまで順調そのものです。何と来週火曜日には退院させられます。予約の方が後に続いているせいですが、全く心配要らないと太鼓判を押されてました。有難いことであります。 先生から我がコトのように喜んで戴いて、恐縮です。本当に有難う御座いました。又工藤直子さんの詩、素敵な詩ですねぇ。すっかり感動致しました。今夜も家族全員で祝杯中です。尚男児であっても女児であっても、跡取りは性別に関係なく、冷静に選択したいと思いますが、まだまだ先でありましょう。ともかく妻が元気いっぱいで、夕べたっぷりと取った睡眠で、すっかり爽やかな顔をしておりました。アイツには参ります。強い女です。京都は忍従の強い人を育てる風土なのでしょう。改めて感動しています。本当に有難う御座いました!!!

  5. 文殊 より:

         りんこしゃま 相変わらずおいで戴いて、どんなに感謝していることでしょう。連日閲覧者は300~400アクセスあるのですが、貴女のように、そうして優しく励まして下さる方はホンの少々です。我が不徳の致すところでしょうけれど、だからこそとっても嬉しいのです。 りんこしゃんも年の差がそんなに違わないご兄弟でしたか。結婚して、そんなにたっていないのに、もう二人目も出来たことに、特別に申し訳ない思いがないではないのですが、ここは思い切り甘えさせて戴いて、りんこしゃまからの祝福をお受けいたしましょう。最初の子は新婚旅行か日光に夜の星座を観に行った時に出来たはずの杏でした。今度の子は、実はいつも来て戴いている道草先生からの強いお勧めがあったから、妻の要望に応えたものでしたが、自然の成り行きと申しましょうか、出来たのですから、ここは素直に喜びたいと思っています。尚僕たち二人は毎朝佛弾の前で、水子地蔵さまのご供養と先祖供養は欠かしたことがありません。丸いお盆でやる真言式の方法ですが、他の方々のご幸運を祈らざるを得ないのです。そうしなければ、僕たちに巡ってこないと信じるからですが、イノチの循環は、周囲のイノチの循環でもあると信じています。北海道のお子のこと、今でも二人で供養させて戴いています。今度は貴女の番でしょう。頑張りましょうネ! 京都の料理は「おばんざい」です。妻の自宅で普段食べるものが殆どですが、今日の午後、病院に持って行って食べて貰いましたが、相変わらず痩せの大食いで、よく食べていました。弟さんご夫婦の作でした。とっても嬉しかったです。僕の味付けと少々違っていて、普段義母が躾けた味なんでしょう。僕は料理はオトコの仕事と信じていますから、これからの負けずに作って食べてもらうことにするでしょう。りんこしゃん、毎度さんどす、有難う御座いました。

  6. 文殊 より:

         風音さま 今日の午後、全員で行って参りました。母子ともに健康そのもので、こっちが面食らう状態です。今日の午後は間違いなくお乳が出ていましたので、妻の傍にいてもいいのでしょう。産まれるまで、大変な時間が掛かりました。妻はよく奮闘したと褒めてあげました。賑やかな病室になりました。今度の子は結構大きくて、泣き方の半端ではありません。星廻りからすると、杏とは正反対で、熱血漢になるかも知れません。性格はどことなく僕に似て来るのでしょう。杏は顔は僕似で、性格は母親似です。でも、まだ生まれたばかり!お猿さんのように、赤ん坊らしく赤く、そしてシワくちゃです。日々人相は変わって来るものと存じます。 杏、よく観察していると、とっても面白かったです。直ぐマミーに抱かれたくて、甘えていました。まだ弟の赤ちゃんだとは理解出来ないのでしょうね。おっぱいの時、負けずに飲もうとして、妻が弱っていました。これからしばらくこんな状況が続くのでしょうね。でも赤ちゃんはまだまだ触るのが怖いくらいです。男児の象徴だけは、僕のより立派に見えました。(爆笑) 風音さんに乾杯されて、何だかとっても嬉しいです。心から喜びたいと思います。貴女さまのご寛容さのお陰だと深く深く感謝申し上げます。そして貴女さまご夫妻にも数多くのお幸せが来ますよう、心からお祈りしています。 風音さんに、是非風のつく名前は何がいいんだろうとお聞きしたいところです。夕べみんなに言ったら、風天ではいかがなものだろうかと。大笑いをしましたが、寅ちゃんのようになったら、ちょっと困るかもとね。風太郎ではプータロウだしねぇ。困ったものです。風には、素敵なことと眞反対のことがいっぱいありそうですね。まぁ愛称で呼べるのがいいなぁと思っていますが、「風音」にでもしちゃおうかなぁ!!ウフフ! 今日もお優しいお気使い、本当に心から感謝申し上げます。又お邪魔させて戴きます!嬉しさの途中報告までで、では!

  7. ヴィオレ より:

    硯水亭さんおめでとうございまーす=^o^=♪♪男の赤ちゃんがお生まれになって、また新しい発見の日々が始まりますね!楽しそう♪ブログ楽しみにしております。

  8. 文殊 より:

    ヴィオレさま ご祝辞を頂戴し、心から感謝申し上げます。 性別はどちらでも嬉しいものですが、男児誕生となると、何だか僕のお尻が叩かれるような気がして、さぁ愈々本物の仕事をしなければと改めて感じています。今宵は京都のじぃじとばぁばと、久し振りにいいお酒を飲みました。とっても美味しかったです。今、頭の中が酔いでフワフワしています。御免なさいネ!でも何だか地の底から嬉しさが込み上げて来ます。新しい発見も、きっと確かにあるでしょうね。いっぱい! 今日の娘・杏は、最高に面白かった反応をしていましたヨ。何が起きているのか、まだ理解出来ないのでしょう。ヴィオレさまも、秋ますます芸術の季節、どうかお身体を気をつけられて頑張って下さりましね。ご主人さまにもどうぞよろしくお伝え下さりまし。感謝していたと。本当に有難う御座いました!

  9. 草弥 より:

    ■松本さま。ご男児ご誕生とのこと、お喜び申します。

  10. 文殊 より:

         Sohyaさま 有難う御座います。お陰さまです。今日もみんなで病院に行って参りまして、初めての男児に、驚くとともに、男性のうちにいる僕としても何か面映いものを感じながら、それでも嬉しさが込み上げてきています。今後ともよろしくご指導のほどを心から御願い申し上げます。来週早々退院ですので、今しばらく落ち着くまで時間が掛かるのではないかと思っていますが、又お邪魔させて戴きたく存じます。今日は本当に有難う御座いました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中