天皇陛下 76歳のお誕生日を寿ぐ

 

 

 皇居 秋の東御苑をご散策される天皇・皇后両陛下

 

 

 

 

天皇陛下 76歳のお誕生日を寿ぐ

 

 

戦後 象徴天皇として一貫して頑張って来られ

今年は 美智子皇后陛下と御成婚50周年記念 

及び天皇陛下御即位20年となられ 大きな節目の御年となりました

かさねがさねおめでとう御座います。

今朝10時20分 長和殿に天皇陛下とご一家がお出ましになられ 

私事漸く間に合いました 天皇陛下のご尊顔を拝し奉り

本当にうれしゅう御座います 宮内庁のホームページでは相変わらずご多忙のご様子

どうぞくれぐれも御体調にご留意なされ ご長寿と天皇家の弥栄を心からお祈り申し上げます

 

天皇陛下が 東宮時代に 日本人が決して忘れてはならない日が四つあると仰られました

沖縄終戦の日(6月23日) 広島原爆記念日(8月6日) 長崎原爆記念日(8月9日) 太平洋戦争終結の日(8月15日)

 

私たちは 両陛下が一貫して平和をご祈念されておいでの御姿を決して忘れない

沖縄弔問や、広島・長崎への弔問や、幾多の自然災害への御見舞いの御姿も忘れない

天皇陛下の御製の歌 皇后陛下の御歌も 慈愛に充ち すべて決して忘れない 

(天皇陛下の歌は御製=ぎょせいとなり 皇后陛下が詠まれた場合 御歌=みうたとなれり)

 

「あまたなる 命の失せし崖の下 海深くして 青く澄みたり」 (天皇陛下御製)

「サイパンに 戦ひし人その様を 浜辺に伏して 我らに語りき」 (同じく天皇陛下の御製)

「いまはとて 島果ての崖踏みけりし をみなの足裏(あうら)思へばかなし」 (サイパンで詠まれし皇后陛下の御歌)

 

「波なぎし この平らぎの礎と 君らしづもる若夏(うりずん)の島」 (皇后陛下 平成6年 「波」の御題にて詠める御歌)

 

こうしてあのサイパン島ご弔問の旅 バンザイ・クリフに深々と頭を垂れられ 両陛下がご祈祷された御姿も決して忘れない

 

両陛下お二人とも 益々ご健勝であらせれることを 心からお祈り申し上げます

 

 

 

 

硯水亭歳時記 Ⅱ

 

 

 

 

阪神淡路大震災時の両陛下ご慰問 天皇陛下は膝づめのご慰問や皇后陛下のガンバレポーズを決して忘れない

 

最近どこかの大物議員さまが天皇の政治利用だとか そのような噂がたつだけで 心から憤慨し憂慮しています

 

広告
カテゴリー: メモリー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中