TRANSLATE.Google

 

 

  鳥博の千円福袋 真ん中の赤いカイツブリのバッジは杏のお気に入りで 始終つけています ブルーのTシャツに刺繍が

白い手ぬぐいはコウノトリが飛来して来た記念に作ったもの 他に鳥の絵葉書セットやフォルダーなどもお徳でした

 

 

 

 

          TRANSLATE.Google

 

 最近のアクセス情報を見ると、TRANSLATE.Googleで世界各国からたくさんのアクセスがを頂戴しております。特に多いのはイギリス本国からで、ベニシアさんの記事が圧倒的に多いでしょうか。ベス・チャトーさんやターシャさんやモーゼスお婆ちゃんのこともそうです。驚くことにアメリカからのアクセスで「会津っ子宣言」への多かったことです。世界の方々は日本をもっと知りたいと熱望している証拠です。こんなに世界中が日本の動向に注視しているのに、少なくとも日本の若人たちは海外には全く無関心です。日本語で書いてGoogleで翻訳し世界に自由自在に発信出来るはずなのに、立花隆さんが言っておられる第三の鎖国時代とのご指摘も当然かなぁと存じます。緒方洪庵の適塾時代でもたった一冊の日葡辞書を巡って多くの若者たちが我先を争うように勉強致しました。塾生だった福澤諭吉には枕がなかったとさえ言われております。幕末から明治に掛け活躍した大鳥圭介、橋本左内、大村益次郎、長与専斎、佐野常民、高松凌雲など多くの人材を輩出致しました。「坂の上の雲」のあの秋山真之だって若干10代で英語がペラペラでした。海外の優れた文化や技術を学ぶために皆必死だったのです。でも今はこんなにネットが発達し手許に世界が無限に広がっているのに、残念かな極稀な例でしかないではありませんか。私は最低でも英語だけはヒアリングも書くことも話すことも完璧に出来るような日本人であって欲しいと強く念願しています。前原国土建設大臣が観光立国を計画していますが、日本の鄙びの里にいても海外からの渡航者に手厚く接することがなかったら、観光立国も絵に描いたモチになることでしょう。驚くことに何処に行っても英語だけは通じます。どの国家でも大学で勉強した経験がある方は必ず英語が出来るからでありますが、フランス語やイタリア語やスペイン語や中国語や韓国語やドイツ語なども必要不可欠でありましょう。私は現在仕事しながらロシア語に挑戦しています。原語で読みたい本が多いからですが、どんなにお年を召された方にも広く門戸が開かれているではありませんか。現在、日本人全体が引き籠り状態になっているように思えてなりませぬ。どうか皆さまにおかれましては自身の可能性を信じ、若人のお手本になってみませんでしょうか。日本はアジアはもとより海外各国に出て活躍しなければならない時代に入っているのですから。

 今朝、長女・杏が母親に、お気に入りのカイツブリのバッジを見せて「バァウオ~!(バードウオッチングのこと)」と盛んに声を掛けていました。私が半分以上英語で話すものですから、日本語と併用して憶えようとしています。いいか悪いか別にして、小さいうちからそう心掛け躾けています。池には大きな鯉がいるのですが、水鳥はなかなかやって来てくれません。鯉は獰猛な魚です。海の魚でお刺身の余ったものでも平気で食べます。あろうことか自分が生んだ卵まで食べてしまいます。従って鯉の卵は別にしておかなければなりません。当家では鳥の餌台を設け、フルーツ中心に置いてありますが、最近よく来てくれるのはメジロたちです。杏はメジロが大好きです。手賀沼に行った時も、杏が僅か1㍍以内に近づいたのに、マガモたちは一向に逃げようとしませんでした。私が近づくと途端に逃げてしまうのに、不思議なことです。敵か味方か鳥たちは瞬時に判別するのでしょう。一羽のコガモはたった30cmにまで杏に近づきました。鳥の起源は1億5,000万年に遡ると言われています。一方私たち人類の起源はせいぜい500万年ほど前のことです。人類の歴史は鳥類の歴史から比べたら幾らでもないものです。現在、地上にいる鳥類は世界に約9,000もの種類がいるそうです。環境を自在に人間本位に開発して来たツケは大きく、何処か大きな間違いです。人と鳥が共生出来てこそ、人が安心して住める世界になるのです。私たち櫻山計画を実行に移し、その端緒についたに過ぎませんが、櫻は鳥たちにどれぐらい大きな利益を貰っていることでしょう。山櫻や霞櫻など、実を食べて糞として運んでくれて、人知れず実生から櫻の花が全国で開花しているではありませんか。染井吉野は言わばクローン櫻ですから、不思議に鳥たちは食べもしません。鳥も分かるのでしょう。或る鳥類学者は「人間、それは賛美者にして敵」だとしています。鳥たちからのメッセージを謙虚に聞くべきでありましょう。

 

   TRANSLATE. Google  (上記英訳文)

 More recent information and access, TRANSLATE. Google We get a lot of access from around the world. Most are from the home country of England in particular, what the vast majority of Benicia’s article. It is also likely that Grandma Moses and Beth Chato’s and Tasha’s. Surprisingly access from the United States, "declared Aizu soul" is to many. If the world is proof that Japan is eager to know more. I have so much attention to world trends in Japan, at least in their young men abroad in Japan is totally indifferent. Google should be written in Japanese and I can send to translate freely in the world, and of course I hope you also pointed out Naa and third periods of isolation he knoweth Mr. Takashi Tachibana.learn to fight for many young people scrambling over the Nippo Jisho era books in just one of Kōan Tekijuku Ogata. Fukuzawa Yukichi was a jyuku student is even and we were told there was no pillow. Keisuke Otori his seat in the Edo and Meiji, Hashimoto Sanai, Oomura Masuzirou, Nagayo Sensai, Sano, and many people producing Ling . "Clouds on the hill" Akiyama Saneyuki Even some of those 10-something could speak English. I was desperate to learn all the great culture and technology abroad. But now I have the world’s endless net cash on hand so well developed, not only in Dearimasen extremely rare cases that I regret. At least I only have English and Japanese and hopefully a strong desire to be able to write and speak perfect hearing. The nation is planning to publish the Minister of Land, Infrastructure and construction Maehara, would be without that touch of hospitality to visitors from abroad, even if the hinabi Sato of Japan, will also be pie in the sky tourism nation. Anywhere you go in the only English is widely spoken in for a surprise. If you have some experience of studying at a university in the state from which Dearimasu is always possible in English, you also indispensable Chinese or Korean or German or French or Italian or Spanish. I have tried to work with the current Russian. This is because many reading in the original, the doors are wide open to those who do not how to die the old alike. Currently, state Hikikomori Narimasenu almost seemed like the whole Japanese argument. Relations to advise whether it is possible to believe, what should the role model for young men. Asia, Japan is entering an era from which I shall be working out as well as foreign countries.

 This morning, a mother daughter Anne, Grebe favorite badge showing "Baauo ~! (That’s bird-watching)," were actively multiplying and voice. Because more than half of what I speaking English, and in conjunction with Japanese. And by good or bad, is so mind-Ke from among smaller breeds. I have a koi pond is large, waterfowl will you please come hard. The carp is a ferocious fish. Scruple to eat any of those excess sea fish sashimi. Will eat their eggs or gave birth to the matter. Carp eggs and therefore must be separately.My home was established in bird feeders, fruit may be at the center, do you come lately is their white-eye. Anne White-eye is love. When I went to Teganuma, meters, but only one is close to Anne, who did not duck to escape at all. I would run away as soon as I approached, is a strange thing. Do you instantly determine friend or foe. Teal is just one of the wings up to 30cm closer to the apricot. Origin of 100 million birds are said to date back 15,000 million years. The origin of human beings is at most 500 million years ago. The history of mankind is not much money compared with the history of the birds. Currently, birds on the ground so that about 9,000 kinds in the world are. Spiraea came freely and people-oriented development environment is large, is a big mistake somewhere. Symbiosis of man and birds made of what is to become the world people can live in peace. Sakura mountain to implement the plan we have just a trend that began with, Sakura is a big benefit that would be how long the birds. Sakura Sakura, and Kasumi and mountains, brought me a shit eating fruit, and that of the Sakura flower bloom from a seedling in the country do not unnoticed. Sakura is a clone from it were cherry trees, the birds also eat strange. I know a bird. Shy ornithologist is "man, it is to praise the enemy" and said it. To hear a message from a mere humble birds.  (by Translate Google)  (原訳のままだと まぁこのような不完全なものですが ないよりあるほうが遥かにいいに決まっています) 

 

 

手賀沼湖畔 自生えの水仙の花

 

 

CIMG0013  CIMG0031  CIMG0023

 

杏に深い思い出となったであろう手賀沼周辺 何種類の鳥たちも 皆が 誰も喧嘩しあうことはありませんでした

 

広告
カテゴリー: 教育 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中