「オコナイ」と、日本人の宗教観

 

 108-l   127-l   110-l

 井口・日吉神社のオコナイ マイダマ作り    落川・観音オコナイ 鏡餅奉納    井口・日吉神社のマイダマぶら下げ

 

 

 

 

           「オコナイ」と、日本人の宗教観

 

 近江・琵琶湖周辺は、極論すれば日本人の故郷でないだろうかふと思う。この近江一帯から北陸や東海地方で、1月から3月までかけて盛んに行われるのが「オコナイ」という民俗行事である。正月も、小正月も、節分も、田遊びも、春分の行事すら、皆一緒になったような素朴な民間信仰のお祭りなのである。神も仏も、このオコナイでは同一視され、雪深いこの時季に粛々と行われているわけである。起源は悄然として不確かだが、何やら古風な感じを抱かざるを得ない。中でも湖北地方が数と言いバラエティと言い抜きん出ているようである。祈願する対象もさまざまで、氏神・観音・薬師・地蔵・不動・毘沙門・天神・稲荷等々実にさまざまで、一つの村(区)に日時のことなる複数のオコナイを伝えるところ(高月町唐川・高月は各三など)もある。オコナイとは本来仏教における「修行」の意味である。仏教行事の修正会・修二会(「追儺」=ついな、「鬼儺」=おにやらい)と共通の性格をもち、また一方では「神事(オコナイ)」とも書き、神社の氏子形式を表す当屋(頭屋・塔屋)方式を設け、それを請け神饌を供え、後座人一同と直会(なおらい)をするといった、他の神事と同様のものもあり、宮座の伝統も受け継がれている。守護する神々や仏たちに対し、いづれにせよ、その意味するところは、里人のカミの祭祀と予祝(今年の五穀豊穣を予めお祝いする)であり、その象徴が鏡餅と造り花(餅花)である。特に鏡餅にご神体として意味があろう。あえて共通儀礼を探せば、縄ない(しめ縄を編むこと)・米かし(もち米をとぐ)・餅つき・お鏡つくり・マイダマ(餅花)つくり・トウヤのクジなどのようだが、村落共同体では前年の収穫を感謝し、来るべき豊作を願うためのお祭りは是非とも必要なものであり、そこに現世利益の機能を有する観音や薬師信仰が習合したものと言えよう。渡来人の神々である八幡信仰や稲荷信仰も同時に存在しているところにも注視したい。何故これだけの行事がこの一帯に残ったのか、神社や寺院を支えていた経済基盤を含める古代社会が崩壊して後、中世以降自立性を強めた在郷の人々が、廃寺の古仏を自らの手で、地域社会の紐帯の象徴として迎えた歴史をも内包しているようでもある。だが待てよ、オコナイの神事は果たして中世以降の民俗だったのだろうか。湖西には新羅から渡来した人々の古墳群(約1,00箇所)があり、白鬚(しらひげ=新羅)神社があり、白村江(はくすきのえ)の戦いで敗れた百済の王家始め700余人ほどの百済人を大量に移住させ、天智天皇は中でも鬼室集斯(きしつしゅうし)を国司守(くにのつかさのかみ=文部大臣)に任命し学問を教えさせた。近江・日野に残る鬼室神社がその証拠である。新羅の神は八幡さまになったり、稲荷大社になったりしながら、倭国と調和・同和し、あらゆる金属・陶工・織物などの技術や知識や学問などを伝えたに違いない。その異国の神々は、倭国の一般の民人に何をもたらせたか定かではないが、恐らく多くの人々にパワフルな信仰を集めたとも言えようが、私はそれ以前からあった民俗行事の一環として、こうした「オコナイ」の素地があったのではないだろうかと敢えて仮説せざるを得ない。

 日本人には年や季節など節目ごとに、彼岸(あの世)と此岸(この世)とを交流する行事があり、それらこそがお祭りの本義であったのだろう。これは同時に魂の再生と更新の儀式でもあり、その節目の前には祓えを行わなければならなかった。祓えとはケガレを流すことにある。これをしなければ魂が失われてしまうのだ。どこかに逃げてゆき、つまりは死んでしまう前に、祓えをして、さらに生命の更新・補給作業をする必要があったものだ。これが祭りの大切な一側面である。他界から来る神や祖霊たちが新たな生命の息吹きを運んできてくれることだ。「祭りと祓え」は、官民で違いもあったり多種多様でもあっただろう。また、官民で相互に伝播し合ったものもあるし、次第に統合され失われたものもある。その中で「正月と大晦日」が代表的なセットであることは言うまでもない。節分は春分とセットだが、春分の祭りの方は「正月」祭りに吸収されてしまったかのように、一年の始まりは春であるから、結局この二つのセットは同じ意味合いのものかも知れない。しかし節分の方は、大晦日の祓えとダブりながらも(つまり二度する)、今でも盛んなのである。だがオコナイはそれらをすべてを統合し集約し、各村ごとに祀らう神仏によって多少の差異があるものの、何と言うおおらかな享受なのであろうか。

 日本人は無宗教の人が多いとよく言われるが、私はそれに反論したい。西洋の有神論者は神があって始めて世界の秩序が生まれるものと考えているが、無神論者は神がいなくとも世界には一定の秩序があると認定していた。宗教行為と言われるのは教祖・教典・布教を三大要件とするものだそうだが、私たち多くの日本人にはそれがないだけである。大方の日本人は、どの宗教宗派にも積極的には属さないのが一般的なのである。それで「無宗教」と言われるのだ。では、その大方の日本人には「世俗時空間」から区別されるような「聖的時空間」はないのかというと、実はいっぱいある!多くあり過ぎて、それこそ聖俗の区別がつかないほどだろう。まさしくこれが日本的聖俗の秩序なのである。実は「民俗」行事と称されるもののすべてが、日本人の信仰であると断言する。民俗というレベルは宗教というレベルより弱く低いのではない。欧米流「宗教」基準から言えば低いということになろうが、この微温的な宗教(教祖・教典・布教が明確でない信仰)こそ、大方の日本人が信じているものであろう。渡来人の神々をも大きく受け入れ、古来からあった自らの習慣・習俗とすり合わせ、連綿と続いて来たこれら「オコナイ」は如何にも日本人たる所以で、そうして考えて見ると何だかとても身軽になれるような気がするのは筆者だけだろうか。キリストもイスラムなどの神々も日本人にとっては容易の容認出来るような幅を感じられてならない。

 <参考図書> 柳田国男「春おこない」(『年中行事覚書』定本十三巻)1937年 肥後和男「近江に於ける宮座の研究」『東京文理科大学研究紀要十四号』1938年  中澤成晃『近江の宮座とオコナイ』岩田書院 1995年  中島誠一『湖北のまつり』長浜城歴史博物館 1986年  『近江のオコナイ』 長浜城歴史博物館 1990年

 

 中でも重要な参考図書「日本宗教民俗学叢書2」のうち

  「近江の宮座とオコナイ」 中澤成晃著 (元滋賀県立虎姫高等学校校長) 1995年2月刊 A5判・314頁(本文中写真117点)・上製本・函入

 正月の予祝行事「オコナイ」と、その民俗をになった宮座組織を、豊富な事例で考察。

 民俗学者・五来重氏の「序」より、「中澤氏の修士論文は<近江における宮座と修正会>をテーマとし、近江、とくに湖北地方における宮座と修正会の関係について、実地調査に基づいた広い視野からする研究が提出された。氏は修士課程終了後、湖北地方の県立高校に勤務しながら、今日までの三十有余年間、氏自身の課題を一筋に追求して調査研究を続けてこられた。

   【主要目次】

   第1章 修正会・修二会と餅・花

   第2章 湖北における修正会とオコナイの源流

   第3章 湖北のオコナイ

   第4章 湖北の宮座 ―木之本町杉野のオコナイ―

   第5章 彦根地方のオコナイ ―彦根藩の宗教政策―

   第6章 甲賀地方のオコナイ

   第7章 現代における宮座崩壊過程の一側面
        ―びわ町川道のオコナイを中心に―

   第8章 マツリとオコナイ―湖北を中心に―
        マツリの語義/オコナイの語義/
        湖北のマツリとオコナイ/古式を伝えるオコナイのある村のマツリ

   第9章 オコナイと「米」―湖北町延勝寺と山東町志賀谷を中心に―
        米と神饌/延勝寺のオコナイ/志賀谷のオコナイ/オコナイと米

   第10章 オコナイにおける「神」と「仏」
        神(カミ)と仏(ホトケ)/修正会・修二会における神と仏―東大寺を中心に―/オコナイにおける神と仏―湖北を中心に―

 となっているが、まだまだ解明されなければならない部分が多いことだろう。いづれも日本的人工的な装いを施すことには変わりなく、日常とは隔絶した「ハレ」(特別な、あらたまった状態)の演出という意味では同じなのかも知れないが、春遊び・野遊び・山遊び・歌垣などは、万葉時代には既に滅びていたのであろうが、一連の「オコナイ」は神仏混交の様相を呈し、或いは緩やかに享受された過日のお祭りが本態なのである。

 

 

 藪の中の節分草 すがしき

 

  今日のBGMは 平原綾香さんの「星つむぎの歌」

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中