かくの如き暑い日に、かの人が逝き

 

 

 真夏の四国お遍路 庵治山近影

 

 

 

 

かくの如き暑い日に、かの人が逝き

 

 

あれから早いもので、もう四年も経ってしまいました。

未だに新しい記憶のままでおります。午前中に、かの御方の御宅でしめやかな法要が厳修されました。

私たちの櫻山計画は、お陰さまで徐々に進歩し発展しています。但し亡き主人のいう通りに実行しているのですが。

日本は危ない、政治はこざかしいことのみで、根本からの議論が尽くされていない、最も恐ろしいのは精神的な滅却であると。

 

アメリカによってがんじがらめになった日本、片務的な安保条約は本来ありっこない。アメリカはいざというときに日本を助けてはくれぬ。

あんなにも好戦的なアメリカが台湾でさえ助けないという。そして思い出すのは、三島由紀夫が生前産経新聞に書いた予言、

「無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目ない、或る経済的大国が極東の一角に残るであろう」。

だが今や経済大国から転げ落ちようとしている。アメリカの庇護のもとでぬくぬくとして平和を享受していた日本は、

その文化的価値観や伝統や、すべての従来の価値基準が崩壊して浮遊している現状である。GHQの、日本人のアイデンテティ骨抜き策は、

今まさに花盛りであり、GHQが推し進めた左翼推進は日教組になり、タリバンを育て武器を供給していたことに酷似している。

また最も大切な稲作文化でさえ過去のものとなりつつある。一体全体、自給率とは一定基準を確実に担保し確保すべきではないだろうか。

 

無機的な視線で、からっぽな内容の演説で、富裕層出身の鳩山由紀夫が総理になったものの、

「トラスト・ミー」と言いながら、最低でも県外移設と言っていたのをどうしちゃったんでしょう。

沖縄県民に散々気を持たせ、普天間基地を辺野古の、従来の移設案にすると言う。呆れてモノが言えなかった。

前幹事長の小澤一郎は何度も新党を立ち上げ、政党助成金を手にし、新しく政党が出来たら残高がゼロ!

そんなわけがないだろう。世田谷の土地取引なんて、実に氷山の一角である。臭い金の匂いがついて廻る。

そして今度は中間色の、抜け目ない、ニュートラルな、菅総理が誕生した。この人ほど、君が代の国歌が大嫌いな政治家はいない。

完璧に日本という部分が欠落したコスモポリタンに過ぎない。参院選敗北後、小澤に逢いたいとラブコール。一国の総理が何たる醜態か!

まさしくこれは日本国家存亡の危機、それ以外にあり得ない。40年前イノチに替えて憲法改正を迫った三島由紀夫の予言は

残念ながら的中しているのである。三島が放った矢は鋭いものだが、今や経済大国をさえ陥落しようとしている。

ペリーが褒め、シドモア女史が感服した日本人の精神的な部分は既に崩壊してしまっている。

但し私は絶望論者では決してない。だって明日へ向かって行動してるもの。

 

 

 真夏の四国お遍路 五剣山付近

 

 

新渡戸稲造が英文で書いた『武士道』(原文では~The Suol of Japan~)を読んだことがあるだろうか。

永く日本人の心の糧であった。武士道は私ではなく、公であるべきで、公の心、秩序、名誉、勇気、潔さ、

更に惻隠(そくおん)の情、躬行(きゅうこう)の実践を旨としているが、この美徳は敗戦まで日本人は己の衿持として持っていた。

本来経済発展ばかりを考えることを潔しとしないのである。無念かな、そこら辺のおばちゃんまで一億総不動産屋のバブルの時代もあった。

だがこうして軽薄な政党が権力を持つに至って、やっと気付いたことであろう、心の問題が重要だと。或いは教育の問題があるだろうと。

 

 

真夏の四国お遍路 屋島近影

 

 

亡き主人の思いはそこにあった。ただ櫻の苗木を植えて行けばいいというものではなかった。

武士道のみならず、「もののあはれ」を実践してこそ日本人たる衿持を保てるのだと、きっぱり。

呆れるほどのネット依存症と、この際私たちはきっぱりと決別する。私たちは、今実際にやることが余りに多過ぎるのだから。

 

 

真夏の四国お遍路 岩屋寺への道

 

 

今日、主人の命日につき、主人が描いた四国遍路途上のスケッチを貼りました。

どの絵も、琴電に揺られながら、時には歩きながらと、たった数秒の、あっという間に描きあげてしまう筆早の方でした。

懐かしい、いとおしい貴男よ、永遠に安らけく。櫻山に山櫻を植えたなら、最初に貴男の散骨を、その根元にきっとするでしょう。

 

南無遍照金剛大菩薩!

 

 

硯水亭歳時記 Ⅱ

 

 

広告
カテゴリー: メモリー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中