初秋の月

 

 

 いわし雲 東京・渋谷の天空にて 平成22年9月3日午後四時

 

 

 

 

                      初秋(はつあき)の月

 

 

              世界はいと静かに

              涼しき夜の帳(とばり)に睡り

              黄金(こがね)の魚一つ

              その差延べし手に光りぬ、

              初秋の月。

 

              紫水晶の海は

              黒き大地に並び夢みて、

              一つの波は彼方より

              柔らかき節奏(ふちどり)に

              その上を馳せ来る

 

              波は次第に高まる

              麥の畝の風に逆らふ如く

              さて長き磯の上に

              擴がり、擴がる、

              しろがねの絹として、

 

              波は幾度もくり返し

              奇しくも光の魚を抱かんとす

              されども網を知らで、

              常に高く彼處(かしこ)に光りぬ、

              初秋の秋。

 

     與謝野晶子詩集』 <初秋の月>より

     Atelier.Sumire.Gingetsu.Books  早川茉莉氏 編集・出版の美しい単行本から

 

 こんな猛暑の、密やかな初秋に、いわし雲出で来て、少しばかり秋の気配を感ず。謝野晶子の全詩全歌はシュールにして、今も生き生きと通じいぬ。それを知らしめたる熱意ある女史に深々と敬意を評し給ひけむ。尚、昨夜は下弦の月にして満月はいまだし。満月の出で来たる、9月22日を今から遠からじと心待ち心待ちすなり。釣り竿を、夜の川面に垂らし、魚ではなく、川面に写る月を釣らむと欲した晶子の心根、その心魂がいとおしく美しい。

 

広告
カテゴリー: 文学 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中